インプラントの寿命とメンテナンスの重要性

微笑む女性の白い歯

インプラントには高い費用がかかりますから、すぐにダメになってしまうのでは困りますね。インプラントは寿命が10年以上と長く、機能性・審美性ともに高い治療方法なのですが、メンテナンス次第で寿命が左右されるのは事実です。

メンテナンスを十分に行わなければ、再手術が必要になったり、インプラントが早い段階で使えなくなったりと、せっかくの治療を台無しにしてしまう場合があります。
インプラントの寿命が気になるところではありますが、インプラントの寿命を長くするもしないも患者様次第なのです。

インプラントの寿命は半永久

インプラントは、チタンと骨が強く結合することで安定します。このチタンと骨が結合する事象(オッセオインテグレーション)を発見したのはスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク教授です。
ブローネマルク教授が最初にインプラント治療を行ったのは1965年のことで、この患者さんは、亡くなるまでの40年以上、インプラントを使用し続けていました。

正しい治療が行われ、その後きちんとメンテナンスが行われていれば、40年もの間使い続けることができるということが証明されているのです。

インプラントが10年もつ可能性は90~95%

インプラントの10年後の平均残存率は、90~95%と言われています。医師の指示に従って正しくメンテナンスを行っていけば、高い確率で10年以上持たせることができます。

また、近年はインプラント10年保証を受けられる歯科も増えており、万が一トラブルがあっても対応してもらえるので安心して治療を受けることができます。(メンテナンスを十分に行っていなければ、トラブルがあった場合でも、保証を受けることはできません)

インプラントの寿命を長くする6つのポイント

口の中を不衛生にしていたことにより虫歯や歯周病で歯を失った方は、インプラント治療後に口の中の衛生管理をしっかり行わなければ、インプラントの寿命を短くしてしまう可能性があります。
また、「つい歯医者に行くのを先延ばしにしてしまう…」と言う方も、口の中のトラブルに気付いたら、早めに医師に相談することが必要です。

インプラントの寿命を延ばすためには、患者様ご自身が次のような点に注意していただく必要があります。

ポイント1定期的に通院し、メンテナンスを受ける

医師の方針によりメンテナンスの頻度は異なりますが、医師の指示に従って、メンテナンスのための定期的な通院が必要です。
また、インプラントや口の中の健康状態で気になることがある場合には、早めに医師に相談することが大切でしょう。

ポイント2正しい歯磨き方法を身に付ける

虫歯や歯周病で歯を失っている方は、もしかしたら、歯磨きの方法や口の中の衛生管理が正しくできていないのかもしれません。自己流のケアではなく、歯科衛生士の指導を受けて、正しく歯磨き・口の中の衛生管理が行えるようにすることも大切です。

ポイント3固い食べ物に注意する

ナッツ類やアメなどの固い食べ物は、噛んだ時に人工歯が割れる可能性があります。インプラントは、天然の歯のように噛むことができますが、固い食品を食べるときには注意が必要です。

ポイント4禁煙する・タバコの量を減らす

タバコを吸う方のインプラントの寿命は、短い傾向にあることがわかっています。喫煙は感染・インプラント周囲炎のリスクを高め、骨とインプラントを結合しにくくしてしまいます。
インプラントの寿命を長くしたいならば、インプラント治療を始める前に禁煙に取り組むことが大切です。

また、喫煙は治療後の傷口の回復に影響するほか、インプラント周囲炎を引き起こすリスクを高めてしまいます。治療前の禁煙はもちろんですが、治療後も極力タバコを吸わないことも、インプラントの寿命を長持ちさせるためには重要なポイントとなります。

ポイント5歯ぎしりやくいしばりを放置しない

インプラントは、天然歯と違い「歯根膜」と呼ばれるクッションがなく、噛む力による負担が大きく加わります。そのため、歯ぎしりやくいしばりを放置していると、「インプラントが折れる」「被せ物が割れる」などのトラブルが起こる可能性があります。

歯ぎしりやくいしばりはインプラントに悪影響なだけではなく、頭痛や肩こりといったその他の症状も引き起こしかねません。定期検診で、歯ぎしりやくいしばりの癖はないかどうか、しっかりチェックしてもらいましょう。

ポイント6全身疾患をコントロールする

骨粗しょう症や糖尿病などの全身疾患がある場合、治療前から治療後にかけて全身管理を徹底する必要があります。
特に糖尿病の方は歯周病のリスクが高まる傾向にあります。インプラント周囲炎を防ぎ、インプラントの寿命を長持ちさせるためにも、血糖値の管理が重要となります。

歯科医院選びもインプラントの寿命に影響します

インプラント治療における医師の技量や経験、知識の違いは否定できません。インプラントは精巧で高度な技術を必要とするものであり、インプラントを長く使うためには、治療を依頼する医師・歯科医院選びを慎重に行う必要もあります。

当歯科医院では、京都で数少ないCT装置を完備しています

CTスキャン機

当歯科医院では、京都府のインプラントセンターのなかでは数少ない、New-TomというCT装置を完備しております。

このCT装置でスキャンをすると、患者様の顎骨や歯の画像が3Dにて映し出され、多角度から細部までのチェックが行えますから、検査後の安全なインプラント手術に結びつけることができます。

歯学博士の院長、日本歯科麻酔学会の認定医がおります

医院長と患者様

当歯科医院には、歯学博士の称号を持つ院長をはじめ、日本歯科麻酔学会の認定を受けた2名の麻酔科医(非常勤)が在籍しております。

高度な技術力と徹底した全身管理により、全ての患者様に不安やストレスのない安心治療を提供させていただきます。