失った歯茎・歯槽骨の再生も可能に歯周病は治る病気です

口を開けて治療中

近年、歯周病治療は急速に進歩しています。かつて、歯周病は「不治の病」とも言われていましたが、近年は予防・治療ができるようになっています。
しかし、根本的な予防・治療はプラークコントロールですから、歯医者を受診しただけでは不十分ですし、治療で症状が改善したとしても再発を招いてしまいます。適切なメンテナンスを継続することが重要になります。

京都五十嵐歯科医院では、日本臨床歯周病学会認定医である院長をはじめ、 専門的知識・技術を習得したスタッフにより患者様に最適な歯周病治療を提供しています。
歯肉・歯槽骨の再生手術などの最新歯周外科治療で、歯周病の治癒、失った骨・歯肉を取り戻すことが可能な場合もあります。

歯周病になりたくない、気になる症状がある…など、歯周病の効果的予防・治療は、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

歯周病は自然に治りません

歯周病は、虫歯と同様に自然治癒することはありません。虫歯も歯周病も、極初期の段階ならば正しく歯磨きを行うことで自然に治ることもありますが、ある程度進行した状態では自然に治ることはありません。
歯周病は、痛みなどの自覚症状がないまま進行していく恐ろしい病気です。「痛くないから大丈夫」ということはありません。受診せずに自己流の対策を行っていても、進行を招いてしまいます。

歯周病や歯肉炎の症状があるならば、早めの治療が必要でしょう。虫歯がなく健康な歯でも、歯周病になると複数の歯を一度に失うこともあり得ます。歯周病は、歯を支える歯槽骨が破壊されてしまうのです。

歯周病は万病の元

「風邪は万病の元」と言われますが、風邪を軽視しているとさまざまな合併症を引き起こすことがあります。これは、歯周病も同様です。
痛みがなく、自覚しにくい病気ですが、さまざまな全身疾患に悪影響を及ぼします。糖尿病や心臓病など、さまざまな病気と関係しているのです。
口の中だけの病気と侮ってしまうと、口の中の健康だけでなく、全身の健康に悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。

また、歯周病をはじめとする口の中の病気は、生活の質(QOL)にも影響します。
近年は、歯や口元に関する悩みを抱えている人が多いですが、将来に健康な歯を残していくことは、健康で豊かな生活につながります。適切な歯周病予防・治療を始めることが大切です。

「失った骨は取戻せない」は間違いです

当院では再生治療をはじめとする、最新の歯周外科手術も行っています。歯周病によって溶けてしまった歯槽骨や失った歯茎は、自然に元に戻ることはありません。
しかし、近年は再生治療が可能になっていますので、ある程度は元に戻せます。

「他院で再生治療を断られた」という方も、ぜひ一度ご相談ください。当院は、さまざまな手術が可能な最新設備と高度な技術で、難度の高い治療にも対応しています。麻酔医が全身管理を担当しますので、高齢の患者様にも安心して治療を受けていただけます。