オールオン4/All-on-4全ての歯を取り戻すインプラント治療

歯を失った場合に、ブリッジや入れ歯、インプラントといった治療の選択肢がありますが、総入れ歯をお使いの患者様(全ての歯を失った方)の場合は、インプラントに対して「費用が高いのではないか」「手術が大変そう」というイメージをお持ちかもしれません。

自分の歯で食べるためには、20本の歯が必要だとされています。歯が1本ない人が、この本数の歯を取り戻すためには、通常のインプラント治療ならば片顎につき10本程度のインプラントを埋め込む必要が出てきます。
インプラントの本数が多くなるということは、治療によって体にかかる負担が大きくなるだけでなく、費用の負担も大きくなってしまいます

しかし、オールオン4という治療法の登場により、総入れ歯をお使いの無歯顎の方でも、費用や体の負担を軽減してインプラント治療ができるようになりました。また、骨量が足りなくて、インプラント治療が困難だった患者様も、骨移植等なしでインプラントにできます。

オールオン4はこんな方におすすめです

  • 総入れ歯が合わない
  • 多くの歯を失っている
  • 現在残っている歯のほとんどが長く残せない

など

総入れ歯をお使いの患者様には、噛めない・痛みがある・違和感が強いなどの悩みを抱えている人が多いです。また、入れ歯を使用していると骨が痩せてきてしまいますから、骨量不足でインプラント治療を断られてしまう場合も少なくありません。

しかし、オールオン4ならば、最小限のインプラント埋入で済みますから、負担を抑えて治療が可能です。骨が薄くてインプラントを諦めていた人でも治療が可能です。

固定された歯が入ります

入れ歯は固定されていませんから、外れる・歯茎との隙間に食べカスが入って痛みを生じるといったデメリットがありますが、オールオン4ならば快適に使用できます。
入れ歯がグラグラしてうまく噛めないという方に、ぜひおすすめしたい治療法です。

オールオン4のメリットの秘密は埋入角度に!

オールオン4で埋入するインプラントは、前歯の部分に2本のインプラントをまっすぐ埋入し、残りの2本は、犬歯の後ろ側に最大45度の角度をつけて埋め込みます
角度をつけて埋入することで、長さのあるイオンプラントを埋め込むことが可能になり、安定しやすくなります。また、下顎の走る神経や上顎の上顎洞を避けて埋入することが可能になります

2本のインプラントを最大45度の角度で埋入することのメリット

長いインプラントを使用できる
  • →骨量が少なくても、骨との接触する面が大きくなって安定する
  • →骨量が不足している人でも、骨移植なしで治療が可能になる
顎の神経や上顎洞を避けて埋入できる
  • →骨移植や神経移動術など、リスクや負担のある治療を行う必要がなくなる

オールオン4なら費用の負担が抑えられます

使用するインプラントの本数が片顎につき4~6本と少ないため、体への負担だけでなく治療費用も抑えることが可能です。
インプラント自体の値段も高額ですし、埋入本数が多くなるほど費用が高くなります。

インプラント費用は、患者様の口の中の状態や使用する人工歯の素材、骨移植の有無などによって異なりますが、オールオン4ならば、(12本の連結歯の場合)歯1本当たりの金額が15万円前後になる場合もあります。1本当たりでみると格安とも言える値段で治療が可能です。

1日で噛めるようになります

オールオン4は、手術当日に仮歯が入ります。手術当日から、自分の歯のような感覚で噛めるようになるのです。
「治療期間中は入れ歯を使えるのだろうか」「噛めない日が続くのではないか」と心配する方も少なくありませんが、手術当日に仮歯のセットまで行うため、安心して治療に臨めると思います。

症例により異なりますが、ご来院いただいてから3時間程度で全ての歯が入るケースも多いです。

オールオン4に関するよくある質問

Q1
自分の歯がまだ残っていても、オールオン4はできますか?
A1
残せそうな歯が多く残っている場合には、他の治療法を提案させていただく場合もありますが、歯が残っていてもオールオンフォーによる治療は可能です。この場合、残っている歯を抜歯してから、インプラントを埋め込む治療を行います。
抜歯したその日のうちに、多くの歯が入ります。
Q2
片顎でも治療は可能ですか?
A2
オールオン4は、片顎でも両顎でも治療が可能です。上下のオールオン4治療を一度に行うことも可能です。
Q3
固いものでも噛めますか?
A3
治療直後は、なるべく圧をかけないように、固い食べ物を控える必要がありますが、一定期間を経過してからは固い食べ物も噛めるようになります。
自分の歯のような感覚で噛めるので、入れ歯では食べにくくて避けていた食べ物も、ストレスなく食べられるようになります。
Q4
高齢ですがインプラント手術を受けられますか?
A4
当院では、日本歯科麻酔学会認定の歯科麻酔医が全身管理を行いますので、高齢の方にもインプラント治療を受けていただいています。

総入れ歯をお使いの患者様の中には、義歯によって唾液腺が圧迫されて、唾液分泌量が足りなくなってしまう方も少なくありません。唾液の不足は、胃酸の分泌などにも影響し、体調不良の原因になってしまいます。また、固いものが噛めないことによって、咀嚼が減ってしまうことはさまざまな悪影響を招きます。
高齢者の方も、ぜひ京都五十嵐歯科へご相談ください。