安さで選ぶのは得策とは言えない

タブレットを操作する医師とインプラント

一般的なインプラント治療においては保険が適用となりません。他の治療に比べて費用が高くなってしまうことから、「少しでも安く治療ができる歯科医院はないか」と探す方も少なくないでしょう。

しかし、インプラント治療は人工物を体内に埋め込む、手術を伴う大掛かりな治療ですから、「安かろう悪かろう」では取り返しがつかない結果にもつながりかねません。
インプラント治療を受けるにあたり、費用面は特に気になるポイントではありますが、値段が安いということだけでインプラント治療を受ける歯科医院を選ぶのは得策とは言えないでしょう。

インプラントは1本いくら?

インプラントは1本15万円と謳っている医院もあれば、1本のインプラント埋入に50万円以上かかってしまう場合もあるでしょう。
以下に紹介しますが、インプラントは治療を受ける医院によっても値段は違いますし、その人の口の中の状態によっても値段は違ってきます。

1本当たりの平均的な費用は、地域によっても異なりますが、40万円前後となる場合が多いようです。(複数本のインプラントを埋入する場合は、さらに1本当たりの金額は安くなると言えます)
少しでも安く治療を受けたいと思う人も多いかもしれませんが、保証や治療の安全性などをトータル的にみて治療する医院を選ぶことが大切でしょう。

インプラントは保険がきかない自由診療

「インプラントは保険が適用されるようになったのでは?」という方も多いのではないでしょうか。
インプラント治療で保険が適用されるのは、「腫瘍や顎骨骨髄炎、外傷などにより、顎の骨が広範囲で欠損している」「先天性の疾患により顎の骨が広範囲で欠損している」など、一部の限られた症例のみであり、全ての症例に適用されるわけではありません。

加齢や虫歯、歯周病で歯を失ったという一般的なケースでは、保険が適用されていません。また、治療を受けられる施設にも一定の基準が設けられています。
保険適用となるインプラントの詳細につきましては、インプラントと保険適用のページをご参照ください。

特殊なケースを除き、インプラントは保険がきかない自由診療となります。そのため、費用は歯科医院によって異なり、歯科医院で独自に値段を決めることができます
しかし、だからといって、「高く費用を設定している歯科医院が良心的ではない」というわけではありません。費用が安くても、CTによる検査を行わないのであれば安全性の高い治療が受けられるとは限りませんし、治療後に十分な保証を受けられなければ治療後も不安が残ります。

医院が取り扱った過去の症例数や成功率、受けられる検査、使用するインプラントの素材、被せ物(人工歯)の素材、保証などにも、歯科医院によって大きな違いがあります。インプラント治療を受ける際には、費用だけで良し悪しを判断せず、これらのことを治療前にしっかりと確認することも大切でしょう。

インプラントの費用はその人によって違います

同じ歯科医院で治療を行っても、誰もが同じ値段でインプラント治療を受けられるとは限りません。歯周病治療の必要性や治療部位、骨の量などの違いによって、必要となる治療は異なり、総額にも差が出てきます。前歯と奥歯の治療では、審美性が求められる前歯の方が高くなりやすいと言えます。

「インプラント1本15万円」など、格安治療を売りにした広告を目にしたことがある方も多いと思いますが、必ずしも15万円で、自分の理想通りの治療が受けられるわけではないのです。

ブリッジ・入れ歯との費用の違い

ブリッジや入れ歯は保険が適用となりますから、治療費を安くすることは可能です。しかし、ブリッジの場合、治療部位によっては、保険では白色の素材(レジン)で被せ物を作れない場合もあり、犬歯よりも奥の歯(前から4番目以降)は銀色の素材になります。

そして、保険で作る入れ歯の場合には、咀嚼能力が低かったり、金属のバネが目立ってしまったり、機能性・審美性が優れないといったデメリットもあります。

種類 費用
ブリッジ
(型取り・装着等/1本欠損)
10,000~30,000円
部分入れ歯(片側のみ) 5,000~15,000円
総入れ歯(片側のみ) 10,000~15,000円

ブリッジや入れ歯による治療の場合にも、保険外で行うと費用は高くなってしまいます。この場合の費用も歯科医院によって異なりますが、保険で治療した場合の10倍の費用になる場合もあります。