インプラント治療には手術が必要

手術灯

インプラント治療は、顎にドリルで穴を開けて人工歯根を埋入して…というイメージがあると思いますが、いきなり手術を行うことはありません。安全にインプラントを埋入するための治療や検査に始まり、3D画像を元に、手術前にシミュレーションを行う場合もあります。

一般的な歯科治療とは異なり、インプラント治療には手術が必要になるという欠点はありますが、念入りな検査や口の中のクリーニングなど、インプラント治療の安全性を高めるための手順を踏んでから、手術を行っていきます。

インプラント治療の主な流れ

STEP1初回相談・カウンセリング

医師とカウンセリング中

カウンセリングは、医師から治療の進め方や自分に適した治療方法について説明を受けたり、治療に対する悩みを相談したり、納得して治療を始めるための大切な時間です。
カウンセリングの段階で、インプラント治療を始めるかどうかを決めておく必要はありません。カウンセリングを受け、医院の方針や治療を理解し、それから治療を始めるかどうかを決断していただきます。

カウンセリング時にCT撮影を行う場合もあります

レントゲンやCTの画像をもとに、インプラント治療が可能なのかどうか、どのような治療が適しているのかを説明するために、カウンセリング時にレントゲン撮影やCT撮影を行う医院も多いです。

カウンセリングはCT・レントゲン撮影も含め、無料で行っている歯科医院も多くありますが、中には有料で行っている医院もあります。カウンセリングやカウンセリング時の検査にかかる費用については、事前に確認しておくと安心でしょう。

STEP2精密検査

検査イメージと女性医師

患者様の全身症状や口の中の状態を詳しく検査し、治療計画を立てていきます。また、CTのデータから、模型の作成やシミュレーションなどを行います。

歯周病・虫歯治療や増骨手術が必要な場合もあります

歯周病や虫歯がある場合には、インプラント手術の前に治療を行う必要があります。また、骨量や骨の強度が足りない場合には、インプラントを埋め込む前に骨の量を増やす造骨手術が必要となります。
もちろん、歯周病や虫歯がなく、インプラントの埋入に十分な骨がある場合には、これらの治療は必要ありません。

STEP3インプラント一次手術

インプラント1次手術

麻酔をして、顎の骨に穴をあけてインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯根に粘膜を被せて縫合する一次手術を行います。手術の詳細につきましては、インプラント手術の手順をご参照ください。

STEP4インプラント二次手術

アバットメントを装着

一次手術で埋め込んだインプラントが骨と結合するのを待ち、人工歯を取り付けるアバットメントを装着する二次手術を行います。インプラントと骨が結合するまでの期間(治癒期間)は、下顎よりも上顎の方が長くなります。

1回法インプラント手術(手術を一回だけ行う方法)の場合、二次手術はありません。1回法手術では、インプラントを完全に埋め込むのではなく、インプラントの一部を顎の骨の外に出した状態にしておき、インプラントが骨と結合してから人工歯を取り付ける流れとなります。

STEP5人工歯の型取り・装着

人工歯装着

手術による傷口が治るのを待った後、人工歯の型取りを行います。人工歯が完成したら装着し、治療は終了となります。

手術治療や人工歯の装着が完了したら、メンテナンス期に入ります。定期的にメンテナンスを行うことで、「噛み合わせの不具合」「インプラントが抜ける・折れる」「歯茎に異常が生じる」などといった術後のトラブルを防ぎ、インプラントを長持ちさせます。

インプラント治療にかかる期間・通院回数は?

五十嵐歯科医院診療室

ブリッジや入れ歯と比べ、治療期間が長くなることがインプラントの欠点のひとつでもありますが、顎の骨の状態や治療部位、手術方法(1回法・2回法)などによって、インプラント治療が完了するまでの期間には個人差があります。
参考までに、当院でのオールオン4の治療期間は約6~7ヶ月です。

また、治療期間と同様、治療方法や骨造成・歯周病治療の有無など、必要となる通院回数にも個人差があります。おおまかな通院回数は事前に確認しておくとよいでしょう。

当院には、京都だけでなく高槻や亀岡、滋賀からの患者様もいらっしゃいます。遠方からの患者様は、1ヶ月の通院回数を2回程度に抑えるなど、通院が負担にならないように治療を進めることも可能です。

治療が終わったらメンテナンスのための通院が必要になります

インプラントの治療後は、「歯が入ったから終わり(通院の必要がない)」というものではありません。インプラントを長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが非常に重要となります。

メンテナンスの頻度は術後の経過にもよりますが、通常は1年に2回のペースです。手術が完了して約3ヶ月後に来院していただき、一度口の中の様子を見せてもらい、その後は約6ヶ月おきにメンテナンスを行っていきます。