歯肉を切らない!ノーベルガイドシステムを使った正確性の高いインプラント治療

インプラント手術は、インプラントを埋入するために歯肉を大きく切開する必要があります。しかし、歯肉の切開は、痛みや腫れ、出血の大きな原因となってしまいます。

ノーベルガイドシステムを使った手術では、歯肉を切開するのではなく、歯肉に穴を開けてインプラントを埋入することができるので、手術中や術後の負担が軽減されます。
また、ガイドを使用して治療を行うため、正確で安全な治療が可能になります。

ノーベルガイドシステムとは?

ノーベルガイドシステムとは、CT撮影による3D画像をもとに作ったサージカルテンプレートを使い、安全で負担の少ない治療を行うためのサポートシステムです。
CT画像から得られる情報をもとに、正確な治療計画とシミュレーション、確実なフラップレス(無切開)手術が可能になります

ノーベルガイドシステムによる手術前準備

1
歯科用CTスキャンで撮影を行う。2次元画像を映し出すパノラマレントゲンとは異なり、CTは歯槽骨の中の状態まで映し出すことができます。
2
コンピュータを使用して正確な診断を行いますCT撮影で得た骨量や骨の質、神経の走行など多くの情報をもとに、診断を行い、治療計画を立てます。
3
コンピュータ上で手術のシミュレーションを行いますCT撮影で得た情報から、コンピュータ上でシミュレーションを行い、インプラントを埋入する位置や角度、深さなどを決めます。
4
サージカルテンプレート(ガイド)・仮歯を作成します技工所でサージカルテンプレートを作ります。埋入角度や深さ、位置など、シミュレーションで決定した通りに、コンピュータで作成します。 また、術後に装着する仮歯の作成も行います。

ノーベルガイドを用いたインプラント手術の手順

1
作成したガイドを装着します。インプラントを埋入する側の歯肉(片顎)にサージカルテンプレートをつけます。
2
テンプレート通りに歯槽骨・顎骨に穴を開け、インプラントを埋め込みます。
3
歯肉を切開せず、専用ドリルで歯肉・歯槽骨に穴を開け、インプラントを埋入します。この時に開ける穴は、インプラントの直径程度で良いので、歯肉にかかる負担を最小限に抑えられます。また、ガイドの通りに行うことで、治療計画通りの位置・角度・深さでインプラントを埋入できます。
4
仮歯を装着します。仮歯は手術前に製作しているので、手術当日に仮歯を装着することが可能です。

ノーベルガイドを使用することのメリット

◎ 痛み・腫れが少ない

インプラントの直径ほどの穴しか開けないので、余計に歯肉を切開したり、縫合したりしないため、痛みや腫れが少ないというメリットがあります。

手術当日に仮歯が入る

手術前に仮歯を作成しているので、手術当日に歯が入ります。また、仮歯の精度も高いです。

手術時間が短縮され、かつ正確に治療できる

ガイドにそって治療を進めるため、短時間で正確な治療が行えます。

ノーベルガイド使用による治療のデメリット

ノーベルガイドによる治療は、骨量が十分になければできないというデメリットがあります。
また、骨移植を行った場合には、傷口が完全に治癒していなければいけません(抜歯による傷口も同様です)。

ノーベルガイドシステムによるインプラント治療の価格

インプラントは自由診療なので、費用や料金設定は歯科医院により異なります。
サージカルガイド作成などに別途費用がかかる場合もあれば、ノーベルガイドシステムの費用を含めた値段で設定している医院もあります。事前に確認することが必要です。