リラックスした状態で治療が受けられる

静脈内鎮静法生体モニター

インプラントの治療は、通常局所麻酔で行います。局所麻酔とは、虫歯治療や抜歯の際にも使用される麻酔ですが、痛みを感じることなく治療を受けることができます。

しかし、局所麻酔のみで治療を受ける場合には、ストレスや不安を抱いてしまう場合があります。特に、全身疾患をお持ちの方は、治療のストレスが全身状態に影響する場合があるため、局所麻酔のみでの治療はおすすめできません。
静脈内鎮静法と局所麻酔の併用で、リラックスした状態で治療を受けていただけます。

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法(IV-S)とは、薬を使用して意識の薄い状態(眠っているような状態)を作る治療法です。
局所麻酔のみの治療では、意識がハッキリしているため、恐怖やストレス、不安を強く感じる患者様も少なくありません。局所麻酔が効いているので治療の痛みは感じませんが、治療中の声や音が聞こえますし、処置による振動も伝わります。痛みはなくても、強い緊張を感じる場合もあるのです。

静脈内鎮静法を用いることで、ボーっとした状態を作りますから、緊張や不安を感じることなく治療を受けることができます。
時間があっという間に感じられ、手術中のことをよく覚えていないという方も多いです。

静脈内鎮静法はこのような患者様におすすめです

  • 全身疾患をお持ちの方
  • 緊張が強い方
  • 歯科治療に対して恐怖感のある方
  • 嘔吐反射が強い方
  • リラックスして治療を受けたい方

静脈内鎮静法のメリット

  • 全身疾患のある方も、安全に治療を受けられる
  • 治療による苦痛を軽減できる
  • 健忘効果により、治療による嫌な記憶を残さない
  • 治療があっという間に感じられる
  • 全身麻酔とは異なり、入院の必要はない

静脈内鎮静法の注意点

治療後に車の運転はできません

眠気が生じる可能性があるため、治療後に帰宅する際は、車の運転はできません。公共の交通期間やタクシーなどをご利用ください。
一人で帰宅するのではなく、お付き添いの方との帰宅をおすすめします。

治療前は食事の制限があります

治療前の5~6時間程度、食事を控えていただきます。治療中にトイレに行きたくなったり、嘔吐したりするのを防ぐためです。

帰宅後はなるべく安静にしてください

治療後は、激しい運動を避け、なるべく安静に過ごすようにしてください。また、重要な仕事などを極力入れないようにしてください。

静脈内鎮静法の流れ

STEP1体調のチェック

京都五十嵐歯科では、静脈内鎮静法で必要となります全身管理を、日本歯科麻酔学会認定の歯科麻酔医が担当します。
担当麻酔医が治療前に体調の確認をします。

STEP2鎮静剤を投与します

鎮静剤(精神安定薬や麻酔薬)を点滴し、適度な意識レベルに調節します。鎮静効果が現れてから、局所麻酔を行い、治療を開始します。
治療中は、生体情報モニターで血圧や脈拍、心電図等を麻酔医が常に監視します。

STEP3治療が終了したら、十分に休憩をとります

点滴を終了すると数分で意識が戻りますので、治療終了に合わせて点滴も終了します。
治療終了後は、意識が元のレベルに戻り、眠気やふらつきがなくなり、体調に問題がなければ帰宅が可能になります。

静脈内鎮静法に関するよくある質問

Q
静脈内鎮静法の費用は保険適用ですか?
A
インプラント治療における静脈内鎮静法は、保険が適用となりません。静脈内鎮静法自体は、保険が適用となる場合もありますが、さまざまな制約があります。
Q
静脈内鎮静法で使用する薬剤が効かないこともありますか?
A
静脈内鎮静法は、患者様の意識レベルを確認しながら薬剤を投与していきます。そのため、薬剤が効かないということはないでしょう。
Q
静脈内鎮静法の禁忌症を教えてください
A
妊娠中の方、鎮静薬にアレルギーをお持ちの方、重度の全身疾患をお持ちの方などには、静脈内鎮静法をおすすめできない場合もあります。
持病や服用している薬など、正しく主治医に伝えることが大切です。