「インプラントは無理」と言われた人も骨移植で治療が可能に!

顎骨のレントゲン写真

インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込む治療法なので、土台となる顎の骨がしっかりしていないと、インプラントの脱落を招いてしまうこともあります。
そのため、骨量が不足しているとインプラント治療を断られてしまう場合もあります。

しかし、「インプラントは無理」と言われた人も、歯科医院によっては骨量を増やしてインプラントを埋め込むことが可能なので、インプラントにすることを諦める必要はないでしょう。

骨移植・骨造成は難易度の高い治療です

骨移植・骨造成手術は難しい手術であり、行うには医師の技量はもちろん、設備も必要になります。そのため、インプラント治療を行う歯科医師であっても、骨移植や骨造成を行えない医師もいます。
インプラント治療は医師の技術や経験が必要になりますが、骨移植や骨造成が必要になる症例の場合は、さらに医師選びを慎重に行うことをお勧めします。

そもそも、骨量が不足してしまう原因は?

原 因
その1
歯周歯周病で顎の骨が溶かされることによって、骨量が不足してしまいます。
原 因
その2
抜歯後時間が経過している歯が抜けると顎の骨に刺激が伝わらなくなり、顎の骨が少しずつ吸収されていきます。そのため、抜歯してから長い期間が経過していると、骨量が不足しやすいのです。

インプラントのための骨移植・骨造成術

インプラント治療を行っていく上で重要なのが、インプラントを埋入するのに十分とされる顎の骨量です。顎の骨の量が足りない(薄い)と、埋め込んだインプラントが顎の骨を突き抜けてしまいます。

骨量が少なくインプラントを植立できない場合には、インプラントを埋め込めるように骨量を増やす施術を行います。

サイナスリフトとソケットリフトの特徴・違い

サイナスリフト

サイナスリストのイラスト

サイナスリフトは患者様の上顎の骨の量が足りない場合に行われる施術で、「開窓法」「ラテラルウィンドウテクニック」とも呼ばれます。
上顎の骨の上にある空洞(サイナス)と顎の骨の間にある薄い膜(シュナイダー膜)を剥がして持ち上げ、シュナイダー膜と顎骨の間に骨を充填して、インプラントを埋め込めるだけの骨の厚みを作ります。その後は治癒期間をおいて、骨ができあがり安定したのちにインプラントを埋入するという流れになります。

サイナスリフトが適応となるのは、顎骨の厚みが5mmに満たない場合や、歯が欠損している箇所が多い場合などです。

ソケットリフト

ソケットリフトはサイナスリフトと同様、上あごの骨量が少ない(薄い)場合に行う治療方法で、「非開窓法」「オステオトームテクニック」とも呼ばれます。ソケットリフトの場合、上顎の骨を一部粘膜側にずらし、骨を充填して埋入するインプラントの深さを確保します。

サイナスリフトと比べて傷口が小さくて済むので、痛みや腫れが少なく、手術時間も短いことから身体への負担が少ない施術方法と言えます。また、同時にインプラントを埋入するため、歯を入れるまでの期間も短くなります。
ただし、ソケットリフトでは造成可能な骨が部分的で制限があり、粘膜の状態が目視できないなどのデメリットがあります。

顎骨の厚さが5㎜以上あるものの、インプラントを埋入するには骨量が不十分な場合には、ソケットリフトにより骨量を増やします。

サイナスリフトとソケットリフト、どちらの方法にもメリットやデメリットがあります。自身に適応する施術のリスクや疑問点などは担当医師にしっかりと確認し、納得した上で治療をすすめる必要があります。

当院では身体への負担が少ない最新骨再生法を取り入れています

人工骨による骨移植の場合、拒絶反応を起こすことがあります。自家骨の場合は自分の骨なので安心ですが、骨を採取する部位にもメスを入れる必要があり、二ヶ所の手術を行わなければなりません。
また、これらの手術には時間がかかり、身体に負担をかけてしまう可能性も否定できません。

しかし、近年は「TE-BONEという最新の骨再生方法が登場しているのです。

良質な骨を短期間で再生させる最新治療「TE-BONE」

白い歯を見せて微笑む若い女性の口元

「TE-BONE」は、最先端の骨再生治療であり、東京医科学研究と株式会社TESホールディングにより共同で研究・開発が行われた治療法です。
自家骨移植と同等な効果が得られ、体への負担が少ない骨再生方法として、近年取り入れられています。

患者様の骨髄由来幹細胞を使用するので、自家骨移植のように健康な部位を傷つけることなく骨再生が可能で、自家骨移植と同等な効果が得られます。さらに、自家骨移植よりも手術時間を短縮できるというメリットもあります。

TE-BONEは患者様の身体への負担が少ないだけでなく、安全で手術時間が短い骨再生治療ですが、骨髄を採取できる歯科医院は少なく、また、TE-BONEによる骨再生治療を受けられる医院が少ないというのがデメリットとも言えます。
当院は京都府内でTE-BONEを行っている唯一の医院です。京都府内はもちろん、他県からも多くの患者様にご来院いただいております。