ジルコニアとはどんな素材?メリット・デメリット

ジルコニア義歯リング

歯の補綴治療を行う際には、銀歯などの金属を使用するかセラミックを使用するかなど、自由に補綴材料を選択することができます。
最近の傾向としては、普通の歯と比べても目立たないセラミックが選ばれていますが、強い力が加わると欠けてしまうというデメリットがあり、それゆえにセラミックを選択することを躊躇される方も少なくありません。

補綴材料の選択肢のひとつとして挙げられるのが、ジルコニアという材料です。ジルコニアは歯科用セラミック材料の中でも最も硬い材料と言われていて、従来のセラミックでは耐えられなかった強い力にも耐えることができます。
ここでは、歯科治療におけるジルコニアとはどんな素材なのか、また、ジルコニアのメリット・デメリットについても詳しく説明していきます。

ジルコニアとは?

ジルコニアとは、ジルコニウムと呼ばれる物質が酸化した物質で、その結晶構造の違いによって用途が異なってきます。
単結晶構造と呼ばれる結晶構造では、キュービックジルコニア(人工ダイヤモンド)として使用されていますが、多結晶構造と呼ばれる結晶構造では、研磨材やファインセラミックスなどに用いられており、その中に歯科材料としての用途があります。

これまでは、銀歯などの金属材料が歯科治療材料として多く用いられてきましたが、2005年、日本でも歯科治療における使用が薬事法に認可されて以来、ジルコニアは金属材料に代わる補綴材料になりつつあります。

ジルコニアのメリット

ジルコニアを使用するメリットには、具体的にどのようなことがあるのでしょうか。

軽量性に優れている

ジルコニアは従来の歯科治療で使用されている金属に比べてはるかに軽く、その重量は金属の3分の1程度です。
抜いた歯の前後の歯を削り、橋のようにつなげるブリッジ治療などでは、多くの金属を使用しますが、金属をたくさん使うほど、その重さによって身体の左右のバランスは悪くなってしまう恐れがあります。
しかし、軽量性に優れたジルコニアを使用することによって、身体のバランスを崩さずに治療を行うことが可能となります。

金属アレルギーにならない

歯科治療で使用されている従来の金属の場合、長期間の使用によって腐食し、イオン化して体内に蓄積していく恐れがあります。その結果、金属アレルギーを引き起こしたり、歯茎が黒ずんでしまったりするケースも少なくありません。
ジルコニアは生体親和性が高く、金属イオンが溶出することがないため、人体にも負担の少ない材料です。口の中に入れても歯や歯茎にしっかり馴染み、身体へ悪影響を及ぼす心配もありません。

劣化・変色しない

口の中は酸性からアルカリ性まで幅広く変化します。その上、熱いものも冷たいものも通る非常に過酷な環境なので、金属材では劣化する恐れがあります。
しかし、ジルコニアは耐熱性、高靭性、耐摩耗性、耐薬品性など様々な点で優れており、非常に安定した物質です。長期間、口の中に入れても劣化や変色することがなく、安心して使用することができます。

強度・耐久性がある

これまでのセラミックでは強度不足で、ブリッジやインプラントの土台など強度の必要な部分に関しては金属を使用しており、それによって金属アレルギーなど金属特有の問題がありました。
しかし、ジルコニアは強度が非常に高く、強度の必要な土台などの部分にも使用することができます。

歯垢(プラーク)がつきにくい

ジルコニアの特徴として、虫歯や歯周病の原因である歯垢(プラーク)がつきにくいことが挙げられます。
もちろん、ジルコニアを入れたからと言ってその歯を磨かなくてもよいというわけではありませんが、虫歯や歯周病の発生リスクを少しでも抑えるという観点からも、補綴材料としてのジルコニアは有効な選択肢と言えます。

ジルコニアのデメリット

歯科治療においてジルコニアの使用を検討する際に、知っておきたいデメリットについてご紹介します。

自由診療となる

保険診療であれば健康保険が適用できるため、治療費の負担を軽減できますが、自由診療ではかかった治療費の全てを患者が支払う必要があります。
ジルコニアはセラミックと同様、保険診療では使用することができず自由診療となります。そのため、治療を受ける医院によっても費用は大きく異なります。

セラミックと比べ透明感に欠ける

歯科材料として登場したときと比べ、ジルコニアの透明感は増してきていますが、それでもセラミックと比べると透明感に欠けてしまうのが現状です。そのため、主に見えにくい奥歯などの部分に使用されています。
なお、前歯に使用する場合は、ジルコニアフレームに透明感のあるセラミックを表面に焼き付けることで、ジルコニアだけのものよりも透明感の高い歯を作ることができます。

メリット・デメリットを考慮した上で素材の決定を

ジルコニア義歯

ジルコニアは、従来のセラミックでは解決できなかった問題をカバーできる補綴素材です。しかし、保険診療では使用できないため、当然費用は高くなりますし、従来のセラミックよりも透明感が少ないなど、メリットばかりではなくデメリットも当然あります。

価格を優先して保険診療で使用できる素材を選ぶこともできますが、同じ歯を何度も治療する必要が出てくるケースもあり、最悪の場合、歯を失ってしまうこともあります。その点では、ジルコニアを選択し、日頃のケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスで自分の歯を最後まで残すという方法もあります。

治療を受ける患者様によっても、何を優先したいかによりベストな素材は異なります。それぞれの補綴材料のメリット・デメリットを自分に当てはめて考慮し、素材を選んでいくことが大切です。

この記事に関連する記事