キシリトールの効果とは?ガムを購入する際のポイント

「キシリトールが歯によい」とご存知の方は多いでしょう。では、なぜキシリトールが歯によいとされているのか、その理由はご存知でしょうか。

ここでは、キシリトールの効果について詳しく解説し、虫歯予防に効果的なキシリトールガムの選び方などにも触れていきます。

キシリトールとは

キシリトールは「糖アルコール」の一種です。糖アルコールにはキシリトールの他にも、エリスリトール、マンニトール、マルチトール、ソルビトールなどがあります。キシリトールは砂糖のような糖類とは異なりますが、人間の味覚には甘く感じられるため、甘味料として利用されています。

キシリトールは、同じ甘さを感じる量の砂糖と比べるとカロリーが25%低いことから、「甘いものが食べたいけれどもダイエットもしたい」といった方には頼もしい甘味料と言えます。
キシリトールは自然界に存在する天然の物質で、野菜や果実に含まれているほか、ヒトの肝臓でも毎日作られています。

どんな食べ物に含まれる?

キシリトールは、果物ではイチゴやラズベリー、野菜ではホウレンソウやレタス、カリフラワーなどに含まれています。ただし、こうした自然の食品や食材に含まれているキシリトールはごくわずかな量です。

多くの方にとってなじみ深いのは、ガムやタブレットに含まれるキシリトールでしょう。これらのキシリトール製品に含まれるキシリトールは、樫の木や白樺の木の成分を加工して作られたものです。

キシリトールの虫歯予防効果

砂糖などの糖質を摂取すると、口の中にいる細菌が活発化して酸が作られます。この酸が歯や歯肉の表面にへばりついたプラークの中に留まり、少しずつ歯を溶かしていきます。これが虫歯のメカニズムです。

キシリトールは砂糖と同じような甘みを感じさせますが、糖質とは異なる物質ですので口の中で酸を作りません。虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を弱めるほか、虫歯の原因となるプラークを付きにくく剥がれやすくする性質を持っています。
ものを食べているときや食べた後には、口の中は酸性に近づきます。このとき、歯は唾液の力によって再石灰化(修復)されていくのですが、キシリトールには歯の再石灰化を促進する働きがあります。

このように、キシリトールは虫歯の原因とならない上、虫歯を予防する高い効果が期待できるのです。

虫歯予防だけじゃない!キシリトールの様々な効果

キシリトールには虫歯予防のほか、以下のような効果があります。

骨粗しょう症の予防

キシリトールは歯によいだけではなく、骨にもよい影響を与えることが明らかとなっています。
マウスによる実験では骨密度の改善が見られたことから、骨粗しょう症や加齢による骨の障害を予防する働きが期待できるとされています。

中耳炎の予防

12歳前後の小児中耳炎患者1,826人を対象に、キシリトールの摂取による影響を調査した研究によると、キシリトールの摂取により、急性中耳炎にかかるリスクを25%下げられるという結果が報告されています。

※急性気管支感染症を併発した場合については、キシリトールを摂取しても有効性が見られなかったという報告もあります。

肌の保湿効果

キシリトールは水に溶けやすく、肌なじみがよいことから、肌を保湿する効果が認められており、美白クリームやローション、乳液などの化粧品に配合されています。
その他にも、アトピー性皮膚炎を改善したり、肌のコラーゲン生成を促したりといった効果についての研究報告もあります。

キシリトールの摂取上限・副作用は?

キシリトールには虫歯を予防する高い効果がありますが、摂取の仕方によっては身体に副作用を引き起こすこともあります。

食品中に含まれる適度な量であれば安全とされていますが、多量のキシリトール(30~40g)を一度に摂取すると、下痢の症状や、腸内ガスが溜まって腹部に不快感が起こる恐れがあります。
また、長期間にわたり多量のキシリトールを摂取することも、危険性が示唆されています。キシリトール配合のガムやタブレットの食べ過ぎには注意が必要です。

なお、妊娠中・授乳中の女性がキシリトールを摂取する安全性については、決定的なデータがありませんので、摂取は控えたほうがよいでしょう。

虫歯予防に効果的なキシリトールガムの選び方

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで見かけるキシリトール配合のガムやタブレットは、様々なメーカーから何種類も販売されています。

キシリトールをより効果的に摂取ためには、どのような商品を選べばよいのでしょうか。ここでは特に、虫歯予防に効果的なキシリトールガムの選び方について解説します。

キシリトールの含有量が100%のもの

キシリトールガムのキシリトール含有量は商品によって異なります。そのため、キシリトールが配合されているからといって、十分な虫歯予防効果があるとは言い切れません。

虫歯予防の効果を期待するのであれば、キシリトールが甘味料として50%以上配合されているものを選ぶのが望ましいです。
パッケージに「キシリトール○%配合」と記載されていることもありますが、特に書かれていない場合は成分表示を確認してみてください。キシリトールは甘味炭水化物の一種ですので、「炭水化物」と「キシリトール」の含有量ができるだけ近いものを選ぶのがポイントです。

なお、歯科医院で販売されているキシリトールガムはキシリトール100%の商品です。キシリトールガムの購入を検討されている方は、歯科医師や歯科衛生士に相談してみるとよいでしょう。

糖類が含まれていないもの

キシリトールが含まれていると表示されている商品の中には、甘味料として糖類が含まれているものも少なくありません。キシリトールそのものは虫歯の原因になりませんが、これとは別に糖類が含まれていれば、その糖類が原因で虫歯を作ってしまう恐れがあります。キシリトールガムの購入時には、糖類が含まれているかどうかを必ずチェックしましょう。

この記事に関連する記事