智歯周囲炎が起こる原因
親知らずの炎症を予防するには

親知らず(第三大臼歯、智歯)は、全て生えている方や1本しか生えていない方、生え方も綺麗に生えている方や中途半端に生えている方など、個人差の大きい歯です。

親知らずが綺麗に生えている場合は問題ないのですが、完全に生えきらずに歯茎が被さっている状態の親知らずは、智歯周囲炎を引き起こしやすい傾向にあります。
今回は智歯周囲炎とはどんな疾患か、症状や治療法、予防策について解説します。

智歯周囲炎とは?

斜めに生えている親知らず

親知らずは、中切歯(前歯)から数えて8番目、永久歯列の中で一番奥に位置する歯で、正式名称は大産大臼歯といいます。通常、親知らずは10代後半から20代前半に生えてきますが、その時期には個人差があります。
また、生え方についても、綺麗に生えている方や歯茎が被さり中途半端に生えている方、欠損している方など、人によってさまざまです。

親知らずが中途半端に生えていると、歯茎が被さってブラッシングしにくく、プラークコントロールが不十分になりがちです。親知らず周辺の清掃が行き届かず、親知らずの周りの歯茎が炎症を起こしてしまう病気を智歯周囲炎といいます。一度腫れなどの症状が治まっても、その後のケアが不十分であったり、疲労が溜まり身体の抵抗力が下がったりすると繰り返し発生しやすいのが特徴です。
特に智歯周囲炎が起こりやすいのは下顎の親知らずで、親知らずが生え始める20歳前後の方が発症しやすい傾向にあります。

智歯周囲炎の症状

智歯周囲炎になると歯茎が炎症を起こし、以下のような症状が発生します。

  • 歯茎が腫れる
  • 痛みがある
  • 膿が出る
  • 異臭・口臭が発生する

また、親知らずの周りの歯茎だけでなく、顎の骨や周囲の軟組織にまで炎症が広がると、口が開きにくくなる、顔全体が腫れる、発熱といった症状が見られることもあります。
智歯周囲炎は放置していると痛みや腫れが酷くなる恐れがありますので、炎症が気になる場合は我慢せず、早めに治療を受けることが大切です。

智歯周囲炎の治療法

一言で「親知らずが痛む」といっても、智歯周囲炎や親知らずの虫歯、あるいは親知らずの隣の歯の虫歯など、さまざまな原因が考えられます。まずは早めに歯科か口腔外科を受診して、その根本的な原因を明確にすることが優先されます。

智歯周囲炎を起こしている場合は、痛み止め(消炎鎮痛薬)や化膿止め(抗菌薬)、うがい薬などを用いて炎症を抑える治療が行われます。その後、炎症が落ち着いたら、親知らずに被さった歯茎を切除(歯肉弁切除)して様子を見ます。

ただし、親知らずが斜めに生えていて、日常的に十分なケアが難しく炎症を繰り返している、埋没している親知らずが第二大臼歯(親知らずの隣の歯)を押して負担を掛けており、噛み合わせに影響しているなど、今後、親知らずが生えたままだと何らかの問題があると診断された場合、抜歯を勧められるケースもあります。
なお、親知らずに強い痛みや腫れがある状態だと、抜歯時の麻酔が効きにくく出血量が増えてしまう恐れがあるため、抜歯を行うとしても、まずは薬の投与などで症状を落ち着かせることが先決となります。

智歯周囲炎を予防するには?

智歯周囲炎が頻繁に繰り返されるようであれば、抜歯することも予防手段のひとつです。
しかし、親知らずの生え方に問題がなく、本人の不十分なプラークコントロールにより発生している場合、ブラッシングの方法や日々の生活習慣を見直したり、使用する歯ブラシを変えたりといった工夫によって改善できる可能性があります。ブラッシングの方法や自分に合う歯ブラシについては、歯科医院でアドバイスをもらうのもよいでしょう。

タフトブラシの使用

奥まで磨きやすいタフトブラシ

磨き残しの多い親知らずの清掃にはタフトブラシを使うのもおすすめです。タフトブラシは通常の歯ブラシとは違いヘッドが小さく、毛先がひとつに固まっており、奥歯の磨きにくいところにも毛先が届く便利なアイテムです。

タフトブラシは親知らずの清掃のほか、矯正中の歯や歯並びの悪い部分、ブリッジの下、インプラントを磨くのにも適しています。
また、子供の生え変わり時期の仕上げ磨きや、妊娠中のつわりで歯磨きが辛いときなどに使用するのもおすすめです。

食事・睡眠をしっかりとる

智歯周囲炎は、身体の抵抗力が低下していると発生しやすくなります。日頃から規則正しい生活を心掛け、食事と睡眠をしっかりとることも大切です。

なお、智歯周囲炎になると痛みや腫れにより食欲不振になりがちですが、体力が低下すると症状の回復も遅くなります。もし智歯周囲炎を発症してしまったら、高カロリーのゼリー等を摂取して栄養補給を忘れないようにしましょう。

この記事に関連する記事