PMTCとは?治療内容・費用を詳しく解説

診療中の歯科医師と助手

セルフケアで除去できる汚れには限界があります。毎日、歯磨きをしっかり行っていても、歯には磨き残したプラーク(歯垢)や歯石が溜まりがちです。
口腔トラブルの予防のためには、セルフケアはもちろん、歯科医院での定期的なメンテナンスが重要です。歯科医院で受けられる治療の中に、PMTCというものがあります。

自分では行き届かない部分をプロにメンテナンスしてもらえるPMTCですが、ご存じない方も多くいらっしゃいます。ここでは、PMTCの内容や効果、費用相場について解説します。

PMTCとは?どんな治療が行われる?

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略で、訓練された専門的な知識を持つ歯科医師や歯科衛生士が、専用の機械や材料を用いて歯のクリーニングを行うことです。

歯科医院ごとにPMTCの治療内容は異なりますが、一般的に実施されているのは以下のような内容となります。

1磨き残しの確認

専用の歯垢染色剤を使用し、セルフケアで磨き残している部分のチェックを行います。自分では磨きにくい場所、磨き残しが多い場所を視覚的にチェックすることができます。

中には磨き残しの量を元に「プラークコントロールレコード(PCR)」という数字を導き出し、どのくらい歯が磨けているか、前回と比較して歯磨きが上達しているかなどを示してくれる歯科医院もあります。

2歯磨きの指導

磨き残しのチェックをもとに、歯磨きの指導を受けることができます。正しい歯ブラシの持ち方、磨く順番などを身に着け、自分では気づかなかった癖を修正するチャンスです。

また、自分に合った歯ブラシを選んでもらったり、歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシなど、自分に必要な補助清掃用具を見立ててもらったりすることもできます。
特に、歯間ブラシなどサイズがあるものは、自分に合ったサイズの商品を選んでもらえるので、今後自分で購入する際の参考となります。

3歯周ポケットの確認

歯周ポケットとは歯と歯茎の境目に存在する溝のことで、歯周病の判定基準となります。
歯周ポケットの深さを測定する専用の器具を使用し、歯科衛生士が熟練された技で測定していきます。歯周ポケットが4mm以上になると、歯周病という診断になります。

また、歯周病の一歩手前の状態である、歯肉炎の有無や、歯茎から出血がないか、歯茎が下がっていないかなども一緒にチェックしてもらえます。

4歯石やプラークの除去

歯石は、細菌の塊であるプラークが硬くなり、歯に付着したものです。歯石が付いたまま放置しておくと、歯茎に炎症が起こり歯周病の原因となったり、プラークが付着しやすくなることで虫歯の原因になったりします。
歯石は歯ブラシでは取れないため、専用の器具や超音波の機械などを使って除去する必要があります。

さらに、歯面だけではなく、深い歯周ポケットの中にも歯石やプラークが付着していることがありますが、歯ブラシの毛先が届かない場所ですので、セルフケアでは除去することができません。除去が難しい歯石やプラークは、PMTCを受けることで綺麗にすることができます。

5歯面研磨

歯石やプラークをきれいに除去したあと、専用の機械と研磨剤を使って歯の表面をツルツルに磨く作業を行います。
歯の表面を綺麗に磨くことにより、歯石やプラークが付着しにくくなり、また、着色を防ぐ効果もあります。

6その他

歯科医院によって異なりますが、必要な場合はフッ素塗布を行う場合もあります。フッ素は歯の表面のエナメル質を強化する効果があり、虫歯を予防してくれます。
また、中には歯肉マッサージを行ってくれる歯科医院もあります。歯肉マッサージによって歯茎の血行が良くなると、歯周病の改善にもつながります。

PMTCを受けることによる効果

では、PMTCを受けることによって、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

インプラントのメンテナンスを行い、機能を保つ

インプラント治療を行っている方の場合、インプラントを長持ちさせるためにはPMTCを受けることが必須と言っても過言ではありません。インプラントは万能であると勘違いしている方は多いのですが、インプラントも天然歯と同様、ケアを怠るとインプラント周囲炎を引き起こします。

インプラント周囲炎により歯肉や顎の骨の炎症が進行すると、最悪の場合、せっかく埋入したインプラントが抜けてしまうこともあります。インプラントは自分の歯ではないため、症状を自覚しにくく症状が進行しやすい傾向にあります。プロに定期的にメンテナンスしてもらい、しっかりと予防しましょう。

インプラント周囲炎の詳細については
「インプラント周囲炎 - 進行の速いインプラントの歯周病に注意」のページをご覧ください。

インプラントのメンテナンスについては
「インプラント手術後のメンテナンス – トラブルを未然に防ぐには」のページをご覧ください。

歯周病や虫歯を早期発見し、予防する

PMTCにより歯周ポケットのチェックを行うことで、歯周病の早期発見につながります。既に歯周病にかかっている方も、定期的にPMTCを行うことで進行を防ぐことができます。

歯間部や自分では見えにくい部分に付着したプラークは、長く口腔内にとどまり虫歯の原因になります。PMTCで細かい部分のプラークを除去してもらうことにより、虫歯の発生を予防できます。
さらに歯磨き指導を受けると、セルフケアでの磨き残しも少なくなります。

初期段階での虫歯や歯周病は痛みがなく、気づかないことも少なくありません。PMTCの際にチェックを受け、早期発見することで治療回数や費用も少なくて済みます。

全身疾患の発症・悪化を予防する

歯周病や虫歯を引き起こす細菌は、口腔内だけではなく、血液を通して全身に回ることで様々な悪影響を及ぼします。
特に、歯周病は全身疾患との関連性が指摘されており、糖尿病の悪化や心臓病、脳卒中、低体重児出産などを引き起こす可能性があります。

PMTCによって口腔トラブルを予防することは、全身の健康を守ることにもつながるのです。

PMTCの費用

PMTCには保険が適用されませんので、費用についても大きく差があります。
また、PMTCは歯科医院によって内容が異なります。一度、気になる歯科医院に出向き、プログラムなどの詳しい説明を受けた上で、自分に合った医院を見つけることをおすすめします。

定期的なPMTCでセルフケアとの両立を

口腔内の健康を維持するには、PMTCは一度だけ受けるのではなく、定期的に受けることが大切です。
また、PMTCを受けているからと言って、日々のセルフケアを怠っていては意味がありません。PMTCとセルフケアをうまく両立させることが、口腔内のトラブルを防ぐ一番の方法となります。

この記事に関連する記事