歯間ブラシの使い方/タイプやサイズの選び方は?

歯間ブラシを使っているイラスト

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、歯ブラシによるブラッシングだけではなかなか完璧に除去することができません。そこで、落としにくい歯間の歯垢を除去するためにおすすめなのが歯間ブラシです。

歯間ブラシは、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間にある根元の隙間を磨く清掃用具です。
歯茎が下がることで出てくる歯の根元部分は、歯垢が溜まりやすく虫歯になりやすい箇所です。歯間ブラシを使うことで、歯間や根元の歯垢も綺麗に除去することができ、虫歯を予防できます。
また、歯間に溜まる歯垢を放置していると、口臭の原因にもなります。歯間ブラシを通した後に自分の口臭をチェックし、磨き残しを防ぐことが可能です。

歯間ブラシの使い方の手順

歯間ブラシで歯垢除去をより効果的に行うためには、歯間ブラシの正しい使い方をマスターすることがとても重要です。

歯間ブラシの持ち方・磨き方

1
ペンを持つようにして歯間ブラシを握ります。
2
鏡を見ながら歯間ブラシを口に入れます。
3
歯と歯の根元部分に対して直角になるように、優しく隙間に挿入します。
4
歯に沿って数回、歯間ブラシを往復させます。
5
挿入できるようであれば、内側からも挿入して往復させます。
6
使い終わったら口をすすぎます。

歯間ブラシを奥歯に使用するときには、口を大きく開けすぎるとブラシを挿入しにくくなります。できるだけ口を閉じながら行うと、歯間ブラシを操作しやすくなります。

歯間ブラシは使い捨てではなく、歯ブラシのように繰り返して使用することができます。使用後はブラシ部分を水で洗い、風通しのよい場所で乾燥させて清潔を保ちましょう。
毛先がすり減り、軸となるワイヤー部分が曲がって傷んできたら、歯間ブラシの交換時期のタイミングです。傷んだ歯間ブラシをそのまま使い続けると、歯や歯肉を傷つけてしまうので早めに取り換えましょう。

なお、歯肉が炎症を起こしていると、歯間ブラシを歯に沿って往復させる際に出血することがありますが、継続して歯間ブラシを使用することで歯茎は引き締まり、出血も治まってきます。ただし、2週間以上経っても出血が止まらない場合は、歯科医院で早めに相談しましょう。

歯間ブラシのタイプ・サイズの選び方

一言で歯間ブラシといっても、その種類やサイズは様々です。特に歯と歯の隙間の広さに適していないサイズのものを使用すると、歯や歯茎を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

歯間ブラシのタイプ

歯間ブラシには「I字型」「L字型」の2種類のタイプがあります。
I字型はブラシの根元部分を曲げることで、それぞれの箇所に適した角度で使用することができるので前歯のケアを行いやすく、L字型のものは奥歯などの歯間ケアに便利なタイプです。

また、歯間ブラシの柄の長さはメーカーによって異なります。

歯間ブラシのサイズ

歯と歯の隙間は部位によっても異なります。歯間ブラシのサイズは大きすぎず小さすぎず、歯間にスムーズに挿入できるものを選ぶことがポイントです。

サイズ タイプ 最小通過径(mm)
SSS(1) 超極細 ~0.8
SS(2) 極細 0.8~1.0
S(3) 細い 1.0~1.2
M(4) 太い 1.2~1.5
L(5) 極太 1.5~1.8

「歯間ブラシを初めて使う」「使い慣れていない」という方は、無理に大きいものを挿入せず、小さめのものから使い始めることをおすすめします。
また、歯間ブラシは本来、歯と歯の隙間が広い方に適したケア用品です。歯と歯の隙間が小さく、最もサイズの小さいSSSの歯間ブラシが入らない場合は、デンタルフロスを使用するとよいでしょう。

ワイヤーを使用していない歯間ブラシ

中には金属のワイヤーではなく、ゴムで作られた歯間ブラシも販売されています。歯間ブラシを使ったことがない、あるいはワイヤー特有の使用感が苦手という方は、ワイヤーと比べて使用感が優しいゴムタイプのものから使用してみるのもおすすめです。

インプラント用の歯間ブラシ

インプラントに使われているチタンは軟らかいため、通常の歯間ブラシを使用するとインプラントを傷つけてしまいます。そのため、インプラントの歯にはワイヤー部がコーティングされた歯間ブラシを使用する必要があります。

この記事に関連する記事