初期虫歯とは?健康な状態に修復する方法

歯を失う2大原因のひとつである虫歯は、一気に穴が空くというものではありません。虫歯菌が酸を生成し、時間を掛けて歯の表面を溶かしていくことで進行していきます。
歯に穴が空いてしまった虫歯を自然治癒することはできませんが、虫歯を早期発見し、初期虫歯(初期う蝕)のうちにしっかりとケアを行えば、虫歯を修復し、元の状態に戻すことができる場合があります。

初期虫歯とは?

初期虫歯

虫歯は、口腔内の細菌(虫歯菌)が糖分をえさにして作り出す酸によって、歯の表面が溶かされることで発生します。初期虫歯は「CO(シー・オー):要観察歯」とも呼ばれ、この酸により歯に穴が空く一歩手前の状態を指します。

健康な歯は透明感のある白色ですが、初期虫歯ではエナメル質を構成するハイドロキシアパタイト結晶が少し崩れる「表層化脱灰」という現象が起きた状態となって、歯の表面に白濁した斑を呈するようになります。
痛みなどの自覚症状がなく、歯の見た目の変化にも気付きにくい初期虫歯ですが、この時点では歯に穴が空く前に修復できる可能性があります。痛みが出て歯科治療を要する状態となる前に、しっかりとケアを行うことが大切です。

初期虫歯を修復するには

初期虫歯を修復するカギとなるのが、「再石灰化の促進」です。
細菌の出す酸により、歯の表面からカルシウムやリン酸が溶け出す現象を脱灰と言います。再石灰化は、脱灰が起きた歯に対し、唾液が溶け出したカルシウムやリン酸を補給して修復する現象のことです。

再石灰化は常に口腔内で起こり続け、歯を脱灰から守っています。ところが、不規則な食生活や頻繁な間食によって脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、再石灰化が追いつかずに虫歯が発生・進行しやすい状態となってしまいます。
穴が空く前の初期虫歯の段階であれば、再石灰化を促すことで歯を修復し、元の健康な状態に戻せる可能性があるのです。

フッ素の活用

歯磨き粉や洗口剤に含まれるフッ素は、フッ化ナトリウム・フッ化第一スズ・モノフルオロリン酸ナトリウムのことです。
フッ素は特に子供の虫歯予防に効果的ですが、歯茎が下がることで歯の根にできる成人の根面う蝕にも有効です。フッ素を活用することで、歯を強くして虫歯を予防するとともに、できてしまった初期虫歯を修復することができます。

フッ素の働き

  • 虫歯菌による酸の生成を抑える
  • 再石灰化を促進する
  • 歯の質を強くし、酸に溶けにくくする

フッ素の活用法には歯磨き粉やジェル、洗口剤など家庭で行える方法のほか、歯科医院で行うフッ素歯面塗布があります。中でもフッ素入り歯磨きの使用は世界的にも利用人口の多い主流の方法ですので、積極的に取り入れるとよいでしょう。

唾液を増やす

唾液には、私たちの口腔内の健康を維持するためのさまざまな作用があります。そのうちのひとつが再石灰化作用です。つまり、唾液を増やして歯の再石灰化を促せば、できてしまった初期虫歯を修復することが可能となります。

唾液の分泌量を増やすには、以下のような方法が効果的です。

ガムを噛む

唾液を増やすには、ガムを噛むことも効果的です。ただし、糖類は虫歯の原因となりますので、甘味料としてキシリトールが50%以上含まれているシュガーレスガムを噛むようにしましょう。

※キシリトールについては
キシリトールの効果 - 虫歯予防につながるガムの選び方は?」のページをご覧ください。

水分補給を心掛ける

唾液のほとんどは水分で構成されています。身体が水分不足に陥ると唾液の分泌が阻害されてしまうため、こまめに水を飲むようにしましょう。

唾液腺をマッサージする

唾液は唾液腺と呼ばれる腺から分泌されています。この唾液腺を刺激することで、唾液を増やすことができます。
唾液腺にはそれぞれ耳下腺などを優しくマッサージして、唾液の分泌を促しましょう。(耳下腺は耳の前~下に存在しています)

定期的な歯科検診も虫歯を防ぐ重要な手段です

歯が痛い男性

虫歯は重度になるほど治療期間が長くなり、治療費用も多くかかります。中には虫歯によって抜歯せざるを得なくなるケースや、治療のために外科手術を必要とするケースも少なくありません。
初期虫歯を毎日のセルフケアだけで改善できるに越したことはありませんが、初期虫歯の時点で歯を修復するには、何よりも虫歯を早期発見することが第一です。そのためには定期的に歯科医院を受診し、歯のメンテナンスを受けることが必要となります。

歯科医院を受診することは、初期虫歯の早期発見につながることはもちろんですが、日々行っているセルフケアの見直しや、虫歯以外の病気を見つけるきっかけにもなります。歯が痛くなってから歯科医院を受診するのではなく、年に1回程度は定期検診を受けることをおすすめします。

この記事に関連する記事