歯茎が黒いのはなぜ?原因と治療法

歯茎の色や硬さは、口腔内の健康のバロメーターです。白く美しい歯を目指したいのはもちろん、ピンク色で弾力のある健康的な歯茎に憧れる方は多いものですが、もし歯茎が黒い場合は、見た目に関する問題だけではなく、口腔内の状態が良くない可能性があります。

今回は、歯茎が黒ずんでしまう原因とその対処法について解説していきます。

【原因別】歯茎の黒ずみへの対処法

歯茎が黒くなる理由として、主に以下のような要因が考えられます。

インプラント

虫歯や歯周病、事故による破折などで歯を失ってしまった場合の治療法として、インプラント治療が挙げられます。
ブリッジや入れ歯と比べ、インプラントは使用感が素晴らしいのは確かですが、その繊細な構造から、セルフケアはもちろんのこと、歯科医院でのメンテナンスが必要不可欠となります。

インプラントのメンテナンス不足に陥ると、歯周病と同じく歯茎や顎の骨に炎症が起こり、赤黒く変色して腫れが生じるインプラント周囲炎を発症しやすくなります。
インプラント周囲炎が進行すると、歯茎が赤黒く見えるようになるほか、最悪の場合、インプラントを支える歯槽骨が溶けてインプラントが脱落する場合もあります。

また、インプラントの一部分が歯茎を透過してしまうことで、黒く透けて見えることもあります。

インプラント周囲炎については
「インプラント周囲炎 - 進行の速いインプラントの歯周病に注意」のページをご覧ください。

対処法は?

インプラントを装着している方は、日々のセルフケアに加えて、必ず定期的なメンテナンスを受けましょう。インプラント周囲炎を予防し、インプラントと歯茎の状態をベストに保つことが大切です。
インプラントの一部が透けてしまうのを防ぐには、治療の時点でインプラントに金属を用いないことが望ましいです。

差し歯やクラウンなどの被せ物

差し歯やクラウンなどの被せ物が口腔内に長年存在していると、被せ物の中の金属から金属イオンが溶け出し、歯茎に浸透してしまうことがあります。
特に、被せ物の土台となるコアと呼ばれる部分が金属の場合は、青色や黒色に変色する恐れがあります。

また、被せ物を調整する際や、除去する際にはドリルで金属を削る必要があります。その際に細かい金属片が飛び散って歯茎に入り込み、黒ずんでしまうこともあります。これはメタルタトゥーと呼ばれるものです。
さらに、歯茎が下がってくると、被せ物と歯茎の間にブラックマージンという黒い隙間が見えることがあります。ブラックマージンは、補綴物の金属部分が露出してしまっている状態です。

対処法は?

メタルタトゥーで染まってしまった箇所には、金属イオンが奥深くまで浸透しており、外科手術で切り取らなければ除去が難しい可能性が高いです。
また、ブラックマージンは被せ物を外せば改善することがありますが、インプラントと同様、治療時に金属を使わないことが望ましいでしょう。

歯周病

歯周病は、歯茎が炎症を起こして赤黒く腫れ、歯が埋まっている歯槽骨が溶けてしまう病気です。重度の場合は歯がぐらついたり、抜け落ちてしまったりすることもあります。
炎症が起きるとその部分の血流は促進されます。「歯ブラシをちょっと当てただけで、すぐに歯茎から出血してしまう」という方は、歯周病によって歯肉が炎症を起こしている可能性が高いでしょう。

歯周病については
「歯周病とは – 歯肉炎・歯槽膿漏との違い/生活習慣病との関係」のページをご覧ください。

対処法は?

歯科医院で歯茎に対する検査やレントゲン撮影、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)による歯石除去、病的なセメント質の除去、PMTCによる研磨などを定期的に行い、歯茎の状態を改善していくことが必要です。

セルフケアにおいては、毎日の歯磨きで歯周病予防を意識することが大切です。歯一本一本をしっかりと磨き、歯と歯の間にはデンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れを取り除きましょう。
特に、歯周病の始まりとなる歯と歯茎の間(歯肉溝)に溜まる歯垢は、しっかりと除去するよう心がけましょう。

メラニン色素

何らかの理由により、メラニン色素が歯茎に沈着すると、歯茎が黒くなります。

歯茎への色素沈着の代表的な原因としては、喫煙が挙げられます。タバコを吸うと、歯周病リスクが高まるほか、化学有害物質によってメラニン色素の沈着が起こり、歯茎が変色します。タバコに含まれるニコチンの作用によって血行不良が生じると、歯茎の色はさらに悪くなります。
なお、喫煙者だけではなく、受動喫煙によって非喫煙者の歯茎に黒ずみが現れることもあります。

また、色素性母斑(ほくろ)ができると、歯茎が部分的に黒く見えます。中には色素性母斑に似た悪性黒色腫(メラノーマ)というがんの可能性もあります。

さらに、アジソン病(Addison病)という病気によっても歯茎が黒くなることがあります。
アジソン病は、副腎皮質の機能が低下することによって起きる難病です。副腎皮質が萎縮すると、メラニン色素が産生され、一症状として歯茎にカフェオレ斑という茶色~黒色っぽい模様が出現することがあります。
ただし、アジソン病によるカフェオレ斑は全身の皮膚にも出現するため、他の原因との区別は明瞭でしょう。

対処法は?

タバコによるメラニン色素沈着は、レーザーによる除去や、薬品で化学的に漂白する方法があります。

レーザーを当てた直後は茶色く変色しますが、術後1週間ほどで綺麗な歯茎を取り戻せます。
薬品で除去する場合は、フェノールと呼ばれる薬品を用いたフェノール・アルコール法があります。全ての歯科医院で行われているわけではなく、審美歯科を得意とする一部の病院で行われています。

しかし、喫煙が歯茎の黒ずみの原因である場合、治療後に禁煙しないと黒ずみはまた再発してしまいます。長く綺麗な歯茎の状態を維持するためにも、その後の生活習慣の改善にも配慮する必要があります。

色素性母斑の場合は基本的に治療を行いませんが、中には悪性黒色腫などの重大な疾患である可能性も考えられますので、気になる方は早めに病院を受診し、原因を突き止めましょう。

原因ごとに適切な治療を受けましょう

歯茎が黒くなる原因は、インプラントなどの補綴物によるものや、歯周病、喫煙、病気など多種多様なものが挙げられます。
自分の歯茎が黒くて悩んでいる方、気になっている方は、まず歯科医院で診察を受け、何が原因なのかを診断してもらい、それぞれに適した治療法を検討していきましょう。

この記事に関連する記事