ワンタフトブラシで磨きにくい歯のプラークを徹底除去

歯を気にする女性

虫歯や歯周病を予防するには、毎日のブラッシングでプラーク(歯垢)を除去することが欠かせませんが、歯ブラシによるブラッシングだけで歯の汚れを完璧に取り除くことは困難です。
食べかすやプラークが溜まりやすい歯間部分には、歯ブラシの毛先が届きませんので、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使う必要があります。

さらに、通常の歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシに加えて、毎日の口腔ケアに取り入れることで、高い清掃効果が得られるのがワンタフトブラシを使ったブラッシングです。
今回は、ワンタフトブラシの使い方や種類について詳しくご紹介していきます。

ワンタフトブラシで磨きにくい歯のプラークを徹底除去

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシとは、毛先が一束となっている、ヘッドがコンパクトな歯ブラシのことです。狭い口の中でも動かしやすいため、通常の歯ブラシでは毛先が届かない部位もしっかり磨くことができます。

ワンタフトブラシの種類

ワンタフトブラシは複数のメーカーから販売されており、その種類も様々です。メーカーによっては、通常の歯ブラシのように柔らかいものから硬めのものまで、ブラシの硬さを選択できる商品があります。そのほか、ハンドルの握り心地毛先のカットの形なども商品によって異なります。

数ある商品の中からどれを選べばよいのかわからないという方は、歯科医院で自分の歯や歯茎の状態に合わせて選んでもらうとよいでしょう。

ワンタフトブラシはどんな部位に使える?

ワンタフトブラシは、以下のような磨きにくい部位に適した清掃道具です。

奥歯・親知らず

親知らず

奥歯は歯ブラシを入れにくく毛先が届きにくい部分です。特に、親知らずが歯茎に被さった状態で生えている斜めに生えている中途半端に生えかけているといった場合は磨き残しが発生しやすく、虫歯や歯周病にもなりやすい傾向にあります。ヘッドの小さなタフトブラシで、ピンポイントにケアすることで磨き残しを防ぎましょう。

インプラント

インプラント

インプラントは虫歯にはなりませんが、天然歯と同様、ケアを怠るとインプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」にかかることがあります。インプラント周囲炎を防ぐには、丁寧なブラッシングが必要となります。ワンタフトブラシで集中ケアし、磨き残しを防ぐことが大切です。

歯と歯茎の境目

歯と歯茎

歯と歯茎の境目にプラークが溜まると歯周ポケットが深くなり、歯周病を引き起こします。ワンタフトブラシを使い、プラークをかき出すように境目をなぞって磨くと効果的です。

歯の裏側

歯の裏

歯の裏側にはがありますが、見えにくい部分のためプラークが溜まりやすく、虫歯が発生しやすい傾向にあります。ワンタフトブラシならブラシの先が届きやすく、一歯ずつ丁寧に磨くことができます。

矯正装置の隙間部分

矯正

矯正中は装置をつけているため、普段通りにケアを行うと磨き残しが発生し、虫歯のリスクが高まります。矯正装置の隙間部分ブラケットの周りなど、通常の歯ブラシでは磨き切れないところはワンタフトブラシでしっかりとプラークを除去しましょう。

ブリッジの隙間部分

ブリッジには、ポンティック(人工歯)と呼ばれる部分の下に隙間があります。歯間ブラシのように、ワンタフトブラシを隙間に差し込み、細かく動かして汚れを落としましょう。

歯並びの悪いところ

悪い歯並び

歯並びが悪く、デコボコした部分にもワンタフトブラシがおすすめです。重なり合っている部位や複雑に入り組んだ部位は、対象の歯にしっかりとブラシを当てて磨きましょう。

ワンタフトブラシの使い方

1
通常の歯ブラシで丁寧にブラッシングを行う
2
ワンタフトブラシを使い、鏡で磨き残しを確認しながら磨く
3
使用後は水洗いし、風通しのよいところでしっかりと乾燥させる

※ワンタフトブラシでもプラークの除去が難しい歯間部分には、デンタルフロスや歯間ブラシを用いて清掃を行いましょう。

ワンタフトブラシについてのQA

ワンタフトブラシの使い方に関わる疑問にお答えします。

ワンタフトブラシの持ち方は?

タフトブラシの持ち方は、鉛筆を持つようなペングリップが適しています。ペングリップは余計な力が入りにくく、小刻みな動きが可能です。

ワンタフトブラシの交換時期は?

ワンタフトブラシは、通常の歯ブラシと同様、毛先が開いてきたら交換時期です。また、衛生的に使用するために、1ヶ月ごとに交換することをおすすめします。

この記事に関連する記事