ドライマウスの症状とは?口が乾燥することによる弊害

dry-mouth

水を飲んでも口の中の乾燥が解消されない場合は、ドライマウス(口腔乾燥症)の可能性があります。
ドライマウスは生活習慣や病気などの様々な原因により発症し、虫歯・歯周病の悪化や、口臭が強くなるなどの様々な弊害が引き起こされます。

今回は、ドライマウスの症状について詳しくご紹介していきます。

そもそもドライマウスって?

ドライマウスとは、水を飲んで解消されるような一時的な乾燥ではなく、常に口腔内の乾燥が続く状態のことを言い、「口腔乾燥症」とも呼ばれます。
女性に多い病気で、日本では約800万人もの患者さんが罹っている現代病のひとつです。

常に口の中が乾燥している状態が続くのは、唾液量の減少が関係しています。唾液の分泌量が少なくなる原因には、以下のようなことが挙げられます。

唾液が減少する原因

  • 食生活の偏り
  • ストレス
  • アルコールの過剰摂取
  • 口周りの筋肉の衰え
  • 薬の副作用
  • 口呼
  • 更年期障害
  • ドライマウスに関わる疾患(シェーグレン症候群、糖尿病、
    更年期障害など)

ドライマウスの症状

ドライマウスになると、口腔内の乾燥以外にも様々な症状が現れます。
軽度の場合は口のネバつきや口臭が気になる、虫歯・歯周病のリスクが高まるといった程度ですが、重度になると口臭はより強くなり、味覚障害や発音障害など、日常生活に支障をきたすような症状が引き起こされます。

症状その1虫歯・歯周病の悪化

唾液には、口の中の食べカスを洗い流して殺菌する役割があります。
しかし、唾液が減少してドライマウスになると、食べカスは洗い流されず口に残ったままとなります。殺菌作用も低下するので、虫歯菌や歯周病菌が増殖してしまいます。

殺菌されないまま残った虫歯菌や歯周病菌は、酸や毒素をどんどん作り出し、虫歯や歯周病を悪化させてしまうのです。

症状その2味覚障害

食べ物の味を感じることができるのは、舌の表面にある味蕾という器官で味の情報を受け取っているためです。

唾液は食べ物の味成分と混ざり合い、味の情報を味蕾へ届ける重要な役割を担っています。唾液が少ないと味蕾に情報が届けられないため、味蕾も機能せず、何を食べても味を感じることができない味覚障害を引き起こしてしまいます。

症状その3嚥下障害

パンやおせんべいなどの水分の少ない食べ物をスムーズに飲み込めるのは、唾液が食べ物を柔らかくして食塊(しょっかい)という塊を作り、飲み込みやすくしてくれるおかげです。

そのため、ドライマウスになるとスムーズに食べ物を飲み込むことができず、喉に詰まったような感じがしたり、水分を採りながら食べないと食べ物を飲み込めなくなったりしてしまいます。

症状その4舌の痛み

唾液には自浄作用や殺菌作用があり、常に口腔内の衛生を保っているのですが、ドライマウスになると唾液の自浄作用が低下し、口の中の細菌が増殖してしまいます。その結果、増殖した細菌によって舌に痛みが引き起こされることがあります。

また、唾液による潤いがなくなってしまうために、口の中の粘膜が傷付きやすくなってしまいます。

症状その5口臭の悪化

舌の表面にできる舌苔は、食べ物のカスや粘膜が剥がれ落ちたものを餌に、口の中の細菌が増殖することで形成される白い苔状の汚れです。

舌苔は悪臭を放ち口臭の原因となるVSC(揮発性硫黄化合物)を発生させます。ドライマウスになると口腔内で細菌が増殖し、VSCが発生して口臭が悪化してしまいます。

症状その6口内炎

唾液の分泌量が少ない口腔内は、細菌やウイルスに対する抵抗力が低下した状態です。
ドライマウスになると、短い周期で再生するはずの口の中の粘膜がなかなか再生せず、口内炎ができやすくなる上、できてしまった口内炎の治癒も遅れてしまいます。

症状その7発音障害

唾液は食べるときだけではなく、話すときにも重要な役割を担っています。唾液によって口腔内は潤い、その潤いこそが舌を円滑に滑らせて発音を助けてくれているのです。
しかし、ドライマウスの状態では唾液が少ないために舌の滑りが悪くなり、上手に発音することができなくなってしまいます。

ドライマウスを改善するには?

ドライマウスへの対処法は、ドライマウスを引き起こしている原因により異なります。

生活習慣が原因で起こるドライマウスの場合は、日常生活における問題点を洗い出し、自発的に改善していく必要があります。
なお、日頃から行える対処法として、以下のような方法が挙げられます。

  • 噛み応えのあるものを食べる
  • こまめに水分補給をする
  • アルコールは適量に抑える
  • 口呼吸ではなく鼻呼吸を意識する
  • ストレスをためず、リラックスできる時間を設ける

また、病気や薬の副作用によるドライマウスの場合、セルフケアだけで改善することは困難です。
ドライマウスが重大な病気の一症状である可能性もあります。症状が重い、あるいは長引くという場合には早めに医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

この記事に関連する記事