歯医者が怖い人がリラックスして治療を受けるには?

怖がっている女性のイラスト

残念なことではありますが、歯医者が怖いと思っている人は多いです。痛い思いをした経験など、過去の歯科治療のトラウマなどが原因になっている場合が多いようです。
しかし、歯医者を怖いと思って受診しないままでいるならば、さらに負担がかかる治療が必要になりかねません。「虫歯だらけだから行けない」という人も少なくないようですが、だからこそ早く受診して進行させる前に治療を行うことが大切でしょう。

歯科治療について誤解されている方も多いですが、治療について正しく理解することは大切なことであり、歯医者嫌いの克服につながるでしょう。
歯科治療は日々進歩していて、痛くない・怖くない治療が可能になっています。歯医者が怖いという人も、まずは現在の歯科治療について知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

痛くない・怖くない治療が可能です

歯科治療に、「痛い」「怖い」という良くないイメージをお持ちの方も多いですが、それらを軽減して治療を受けることが可能です。

十分にカウンセリングを行います

治療について理解していなければ、不安や恐怖心は軽減できません。どんな治療を行っているのかわからない状態では、安心して治療を受けることはできないでしょう。

自分の口の中がどんな状態で、どのような治療が必要になるのか、治療について理解することは大切なことです。また、患者さんの希望(どんな治療を受けたいのか、どのような仕上がりにしたいのか)を伝えることも必要です。治療について理解がなかったり、治療結果に不満を抱いたりすることがあれば、歯科への不信感にもつながります。

当院では治療についてわかりやすく説明を行い、患者さんの希望をしっかりと聞いたうえで、納得して治療を受けていただいています。当院はインプラントなどの難度の高い治療を行うことが多いですから、プライバシーの守られたカウンセリングルームで十分にカウンセリングを行って、患者様に理解していただき、納得して治療を受けていただいています。
歯科治療に恐怖心や不安がある場合には、そのことを伝えたうえで、どのような治療を受けられるのかを確認すると良いでしょう。

痛くない麻酔も可能

「子供の時に受けた麻酔が痛かった」という人も少なくないと思います。麻酔が痛いのではないか…と心配されている方が多いのですが、今の麻酔は昔のように痛くありません。
注射の針は細くなっていますし、塗る麻酔薬(表面麻酔)をしてから注射しますから、痛みが軽減されます

また、麻酔によって痛みが生じるのは、麻酔薬を注入する際の速度も影響しています。一定の速度でゆっくりと注入すれば痛みは生じません。手動の注射器を使用した場合には、速度を一定に保つにはテクニックを要しますが、近年は電動の注射器を使用する歯科も増え、昔のように麻酔で痛い思いをすることはなくなっていると言えるでしょう。
「もう何年も歯医者に行っていない」という人もいるかもしれませんが、歯科医療も日々進歩しています。イメージしているような痛い治療は少なくなっていると言って良いでしょう。

静脈内鎮静法によりリラックスして治療を受けられます

治療に対する不安や恐怖心の強い方は、静脈内鎮静法によりウトウトとした状態を作ることによって、意識がハッキリしない中で治療を受けることも可能です。
「歯の治療を全身麻酔下でできたら良いのに」と思ったことのある方もいると思いますが、全身麻酔のようなリスクはなく、ボーっとした中で治療を受けることが可能なのです。呼吸を止めたりしないので、入院の必要もありません。

抜歯などの負担のかかる治療が必要な場合も、恐怖心を感じることなくリラックスして治療を受けられます。当院は全身管理を専門の歯科麻酔医が行い、安全に静脈内麻酔を行っています。
「静脈内鎮静法」のページで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

歯科恐怖症とは?

歯科恐怖症とは、「歯医者が怖いこと」ではありますが、歯医者が怖いという全ての人が歯科恐怖症とは限りません。恐怖心の程度はその人によって異なりますが、重度になると、歯科への恐怖心により歯科医院の建物内に入ることもできなかったり、過呼吸やパニックを起こしてしまったりする人もいます。
歯科恐怖症により、行うべき治療が受けられなかったり、中には治療を断られてしまったりする患者さんもいるのが実状です。

歯科恐怖症の程度はさまざまですが、歯の治療に対して心配なことなどがある場合には、医師に伝えることが大切でしょう。何らかの原因が思い当たる場合には、そのことも医師に伝えると良いでしょう。「痛みがあることを訴えても治療を続けられた」「ひどい態度を取られた」など、原因はさまざまですが、原因が明確であった方が治療に当たる医師も対応しやすくなると言えます。

歯科治療を受ける際は…

歯医者が怖いという場合、治療への第一歩を踏み出すのは勇気が必要なことだと思います。多くの歯科医院は、予約制をとっていますから事前予約が必要ですが、その際に、歯医者が苦手であること・現在のご自身の口の中の状態などを伝えておくと良いでしょう。

受診する歯科を選ぶ際は、ホームページなどで医院の雰囲気を確認しておくと安心です。ホームページでは、その医院でどのような治療を行っているのかがわかりますから、医院選びの参考にすると良いでしょう。

この記事に関連する記事