【デンタルフロスの使い方】歯垢を綺麗に落とすには?

デンタルフロス

皆さんは歯磨きをするときにデンタルフロスを使用していますか?
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、歯や歯肉の表面だけでなく、歯間部にも溜まります。歯と歯の間は狭く、歯ブラシの毛先が入り込めない箇所も多いため、しっかりと歯を磨いているつもりでも磨き残しが生じやすい傾向にあります。

歯ブラシによるブラッシングに加え、デンタルフロスで歯間部の清掃をすることによって、虫歯や歯周病をより効果的に予防することができるのです。
ここでは、デンタルフロスの使い方、頻度、デンタルフロス使用時のトラブル対処法について紹介します。

デンタルフロスのタイプは2種類

歯と歯の間の歯垢を綺麗にするという目的は同じですが、一口にデンタルフロスといっても、その形状によって使い方は異なります。
デンタルフロスにはロールタイプホルダータイプの2種類があります。それぞれどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

ロールタイプ

ロールタイプのデンタルフロスは、フロス(糸)そのものが巻き取られた状態のものです。フロスそのものを指で扱いますので、フロスを使う場所によって少しずつ持ち方を変える工夫をする必要があります。そのため扱いがやや難しく、ある程度デンタルフロスを使い慣れている方に向いているタイプと言えます。

ロールタイプのデンタルフロスの場合、使用中は自分の手で口の中が鏡で確認しにくい状態になりますので、デンタルフロスの使い方に慣れるまでは、ホルダータイプのデンタルフロスを使うとよいでしょう。

使い方の手順

  1. フロスを引き出し、40cm程度の長さに切って使用します。目安としては、指先からひじまでの長さと考えるとよいでしょう。
  2. 切ったフロスを両方の手の中指に巻き付けます。このとき、指に巻き付けた状態で指と指の間が10~15cmほどになるようにするのがコツです。
  3. フロスを切ったら、指と指の間の部分に張り、歯間部を掃除していきます。歯と歯の間にフロスを入れるときは力任せに行わず、フロスを前後にゆっくりと動かしながら、少しずつ歯と歯の間に滑り込ませていきます。
  4. 歯と歯の間にフロスが入ったら、フロスをピンと張ったまま歯茎の付け根部分までフロスを入れていきます。こうすることで、歯と歯茎の隙間にもフロスが入り込み、歯ブラシでは除去できない歯垢を取ることができます。
  5. 糸を取り出すときには、歯面に沿って前後に動かしながらゆっくりと外しましょう。

ホルダータイプ

ホルダータイプのデンタルフロスとは、プラスチックのホルダーに、あらかじめデンタルフロスが張られた状態のものです。
もともとフロスの部分がピンと張られており、持ち手がついていることで使用中に鏡で口の中を確認しやすく、デンタルフロスにまだ慣れていない方でも比較的扱いやすいタイプと言えるでしょう。

また、ホルダータイプは、形状によってさらにF字型タイプY字型タイプに分けられます。
F型タイプはオーソドックスで前歯に使いやすいタイプです。Y型タイプは「Y」の字の二股に分かれている部分にフロスが張られており、奥歯にも使いやすいタイプです。

使い方の手順

ホルダータイプのデンタルフロスを歯と歯の間に入れる際の手順は、ロールタイプとほぼ同様です。
ただし、持ち手がしっかりとしている分、余計な力が加わりやすいので、ホルダータイプのデンタルフロスを使用するときには、特に優しく扱うよう注意が必要です。

ワックスタイプとノンワックスタイプの違い

ロールタイプ、ホルダータイプ共に、デンタルフロスにはワックスタイプノンワックスタイプがあります。

ワックスタイプとは、フロスにワックス加工を施すことで、フロスを歯と歯の間に入りやすくしたものです。歯間の狭い方や初めてデンタルフロスを使う方は、ワックスタイプから始めると歯間部にデンタルフロスを滑り込ませる感覚を把握しやすいでしょう。
ただし、ワックス加工で滑りがよい分、歯間部の歯垢を掻き出す力も弱くなってしまうといったデメリットもあります。

一方、ノンワックスタイプのデンタルフロスは、滑りやすくする加工が施されていないため、扱いに慣れていないと歯と歯の間に滑り込ませにくく感じます。しかし、歯間部の歯垢を掻き出す力はノンワックスタイプよりも優れているといった特徴があります。

デンタルフロスの使用頻度

デンタルフロスを口腔ケアに取り入れる場合、どのぐらいの頻度で使ったらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

デンタルフロスは使えば使うほど効果があるというものではなく、正しい使い方で適度な回数を心掛けることが大切です。デンタルフロスは歯磨きする度に使用する必要はありません。1日1回、就寝前の歯磨き時に行うのが効果的です。

デンタルフロスの使用に関するトラブル

デンタルフロスの使用時には、様々なトラブルが引き起こされてしまうことがあります。トラブルの状況と考えられる原因、対処法について解説します。

デンタルフロスによる出血は大丈夫?

デンタルフロスによる出血の原因は、主に歯肉炎によるものデンタルフロスの不適切な使い方によるものが挙げられます。

歯肉炎が原因の場合

「デンタルフロスを使い始めて、歯茎から出血するようになった」という方は、歯垢が適切に除去されていなかったことで、歯肉が炎症を起こしている可能性があります。
この場合、デンタルフロスを継続して使っていくことによって、歯垢が適切に除去されるようになり、歯肉炎の症状が改善されていけば、徐々に出血は治まるでしょう。

ただし、継続的にデンタルフロスを使い続けているにも関わらず出血が治まらない、痛みを伴うといった場合には、歯科医院の受診をおすすめします。

デンタルフロスの使い方が原因の場合

デンタルフロスを力任せに動かしたり、ピンと張らない状態で使ったりすると、歯肉を傷めてしまい、傷ついた歯肉から出血してしまうことがあります。
特に、デンタルフロスを歯間に入れるときには、力任せに押し込むようなことはせず、ピンと張った状態でゆっくりと前後に動かしながら入れましょう。

なお、ロールタイプを使用しているという方は、より扱いやすいホルダータイプに変えてみるのもひとつの方法です。

デンタルフロスの使用中に糸が切れる・引っ掛かる原因は?

同じ場所へデンタルフロスを使用しているときに、いつもデンタルフロスが切れてしまう、あるいは引っ掛かるという場合、詰め物が取れかけていたり、虫歯によって歯そのものに穴が空いたりしている可能性があります。
このとき、無理に引っ張ると詰め物が取れてしまう恐れもありますので、上からではなく、横から引き抜きましょう。

歯間部がどのような状態になっているのかは、自分で確認するのは困難です。糸が切れる・引っ掛かるといった兆候が見られた場合には、まずは歯科医院を受診し、適切な処置を受けましょう。

この記事に関連する記事