保険と自費の前歯の差し歯を比較!費用は?白さは?

前歯の差し歯治療で、保険にするか自費(保険外)にするか迷う人が多いです。前歯は特に目立つため、審美性が求められる部分でしょう。保険の素材と自費の素材、それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

「保険で差し歯治療を受けたけれど、気に入らないからやり直したい」という人もいますが、やり直しは歯根に負担がかかる可能性があるため、慎重に治療について決定することが必要です。
保険治療のデメリットと保険外治療のメリットばかりを比較する人が多いのですが、それぞれの治療方法のメリット・デメリットを把握して、自分に合った方法を選択することが大切でしょう。

差し歯について

歯の歯茎から上の部分(歯冠)が、虫歯や事故などでダメになってしまった場合、抜歯をしなくても差し歯による治療が可能です。
インプラントと差し歯の違いをよくわからないという人も少なくありませんが、インプラントは抜歯をした後の治療法であり、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療法です。

差し歯治療は、残っている歯根に土台を立てて、人工の歯を被せます。重度の虫歯で神経まで汚染されている場合には、神経や血管が通っている根管をキレイにする治療(根管治療)を行ってから根管をふさぎ(根管充填)、差し歯のための土台を立てます。

差し歯治療を行う際、「人工歯にどの素材を使うか」という点で悩まれる方が多いようですが、実際には差し歯の土台となる部分(コア)の素材についても検討する必要があります。

保険が適用となる前歯の差し歯治療について

「保険では白い歯にできない」と思っている人も少なくないようですが、前歯と犬歯のみレジン(硬質レジン)という白色の素材を使用できます。奥歯は、白色の素材が保険の適用とならないため、金属の被せ物になります。

「白色の素材を使用できる」と言っても、実際は金属の被せ物に前面だけレジンを張り付けて白く見えるようにした「硬質レジン前装冠」というものになります。

硬質レジンのメリット・デメリット

硬質レジンとは、白色のプラスチックであり、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 保険が適用となるため、費用を安くできる
  • 金属が使用されているため強度が高い

デメリット

  • プラスチックの下に金属が使用されているため、透明感に欠ける
  • 変色しやすい(長期間使用すると黄ばみが生じる)
  • 汚れが付着しやすい
  • プラスチック部分が欠ける場合がある
  • 金属アレルギーがある場合には使用できない

硬質レジン前装冠の費用

前歯の差し歯治療に、硬質レジン前装冠を使用した場合、3割負担で1本当たり7千円程度です。

保険が適用となる差し歯の土台(コア)

差し歯の土台を「コア」と呼びますが、保険で使用されるのは主に金属コアです。金属コアには、主に次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 料金を安くできる

デメリット

  • 強度が高く歯根が破折する原因になりやすい
  • 歯や歯茎の変色を招く

保険の差し歯の寿命とは?

保険が適用となる差し歯の寿命は、ただ単に使い続けるのであれば5年以上もつと言えるかもしれません。しかし、白色のプラスチックの部分が3年くらいで変色してきてしまうなど、審美性の面も考慮すると寿命が長いとは言えないかもしれません。

また、金属のコアを使用しますから、歯根に負担をかけることも少なくありません。歯根が折れてしまったら、差し歯の寿命どころか抜歯が必要になってしまいます。
金属は歯よりも強度が高いので、強い刺激があると、歯の方が割れてしまいます

保険外(自費)の前歯の差し歯治療について

保険外治療の場合、選択できる人工歯の素材はさまざまです。コア(土台)はファイバーコアという、強化プラスチックとグラスファイバー(支柱)でできたものが使用されることが多いです。

保険外の人工歯素材にはどんな種類がある?

前歯の差し歯治療に使用される人工歯の素材には、主に次のようなものがあります。

その1オールセラミック

オールセラミッククラウンは、金属を使用せず、セラミックのみを使用します。そのため、天然歯のような透明感があり、審美性の高い仕上がりになるというメリットがあります。また、プラークなどの汚れが付着しにくいという点も、大きなメリットです。
しかし、オールセラミックにもデメリットがあり、強度は他の素材に劣ります。強い力がかかると欠けやすいため、奥歯などの力がかかる箇所には適していません

その2メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、表面にセラミックを使用し、内側に金属が使用されているクラウンです。オールセラミックに比べ、金属が使用されているので強度に優れています。また、表面がセラミックなので、汚れが付着しにくいです。
しかし、歯肉の痩せなどがあった場合、内部の金属が露出してしまう場合があります。また、オールセラミックに透明感など審美性は劣ります。

その3ジルコニアクラウン

ジルコニアの特徴は、硬さ(強度が高い)と透明度です。ジルコニアもセラミックの一種ではありますが、オールセラミックよりも強度が高く、奥歯治療にも使用できます。
メタルボンドのように金属が使用されているわけではないので、透明感が高く、審美性・強度ともに兼ね備えた素材と言えます。また、汚れが付きにくく、変色しにくいという点も魅力です。

保険外の差し歯治療で使われるファイバーコアとは

保険で使用されているのは金属製のコアですが、金属性のコアには、歯肉の着色・歯根の破折を招きやすいといったデメリットがあります。金属コアのデメリットを克服したのが、ファイバーコアです。

金属は強度が高いという特徴がありますが、土台として使用した場合、硬すぎて歯根の破損を招いてしまうのです。しかし、ファイバーコアは、硬すぎず歯に近い強さであるため、歯根破折が起こりにくいという点は大きなメリットでしょう。
特に、神経を抜いた歯はもろくなっていますので、歯根が割れてしまいやすいです。ファイバーコアならば、破折のリスクを低減できます。

また、金属性のコアを使用すると、金属が溶け出して歯肉や歯根を着色してしまいます。歯茎の黒ずみは、審美性にも悪影響を及ぼしますので、特に目立つ箇所ではファイバーコアを選択する患者様が多くなっています。

保険外の前歯の差し歯にかかる費用

保険が適用となりませんので、治療にかかる料金は、医院が独自に決定することができます。そのため、医院によって費用は異なってくるでしょう。
クラウンの費用・コアの費用だけでなく、施術料などもかかってきますので、内訳などを事前に確認すると良いでしょう。

また、保険が利かない治療については、保証がついている医院が多いです。保証の内容や条件についても確認しておくと安心です。

この記事に関連する記事