二次カリエス(二次う蝕)の原因・予防策

歯を気にする女性

一口に「虫歯」と言っても、その特徴はさまざまです。大人の虫歯は主に3種類に分けられます。
一つ目は歯間や歯の溝、歯と歯茎の境目などから発生する子供に多い虫歯、二つ目は歯周病で歯肉退縮(歯茎が下がること)が起こり、歯の根の部分が露出して発生する根面う蝕、三つ目は過去に虫歯治療を行った詰め物の下から発生する二次カリエスです。今回は二次カリエスの原因、予防方法について詳しく紹介します。

二次カリエスとは?

虫歯

過去に虫歯の治療を行った歯の詰め物の下に、再度虫歯が発生した状態を二次カリエス(二次う蝕)と言います。歯と詰め物の間にある隙間にプラークが溜まり、細菌が侵入して虫歯ができてしまうのです。

二次カリエスには、過去に虫歯になったことがあるため、より虫歯が進行しやすく神経にまで達しやすいという厄介な特徴があります。また、肉眼では確認しづらい部位ということもあり、神経を抜いた歯であれば痛みを感じないため、発見が遅れてしまい抜歯しなければならなくなるケースも少なくありません。

二次カリエスの原因

二次カリエスの原因はさまざまですが、主に以下のような要因が挙げられます。

  • 詰め物が劣化している
  • プラークコントロールが適切に行われていない
  • 治療精度が低い

二次カリエスを予防するには?

二次カリエスを予防するには、毎日のセルフケアと歯科医院での専門的なケアの両方を継続していくことが大切です。

その1治療部位を入念に磨く

治療部位と天然歯の間には、どうしても段差が生まれます。この段差にはプラークが溜まりやすく、二次カリエスの原因となるため、入念なケアが不可欠となります。
奥歯の虫歯など、通常の歯ブラシでは磨きにくい部位に対しては、ヘッドがコンパクトで小回りの利く子供用の歯ブラシや、毛束が一塊になっているワンタフトブラシを併用するのもよいでしょう。

その2フッ素によるケアを取り入れる

フッ素には歯質を強化し、虫歯を予防する効果があります。フッ素入り歯磨き粉フッ素洗口液の使用や、歯科医院でのフッ素塗布は虫歯や二次カリエスの予防に非常に有効です。

その3定期的に歯科医院でメンテナンスを受ける

虫歯は重症化する前に早めに治療を受けることが大切です。定期的に歯科医院を受診しメンテナンスを受けることは、虫歯の早期発見につながります。
もちろん、進行した虫歯の場合は早期に治療が必要となりますが、穴が空いていない初期の虫歯であれば、適切なプラークコントロールを続けることによって、元の健康な状態に修復できる可能性があります。削らず詰め物をせずに済みますので、二次カリエスの予防にもつながります。

その4詰め物に使用する素材に配慮する

もし、詰め物をしなければならない場合にも、詰め物に使用する素材によっては二次カリエスを防ぐことが可能です。
保険適用されるコンポジットレジン(プラスチック)や銀歯は数年経過すると劣化しやすく、プラークが付着しやすい傾向にあります。一方、セラミックには保険が適用されませんが、劣化に強くプラークが付着しにくいため、二次カリエスになりにくい素材です。

二次カリエス予防が歯の喪失を防ぐことにつながります

歯と歯磨き粉と予防

放置していると抜歯治療が必要になることもある二次カリエス。二次カリエスを防ぐには虫歯を増やさないことが第一であり、日頃の丁寧なセルフケアやプロによる定期検診をそれぞれ継続していくことが大切です。
また、万が一虫歯ができてしまい歯を削らなければならなくなった場合、「治療が終わったから」と安心せず、その後のケアをしっかりと行う必要があります。

予防に勝る処置はありません。自分の歯を一生涯使い続けるためにも、日頃から虫歯予防を徹底していきましょう。

この記事に関連する記事