乳歯は虫歯になりやすい!永久歯への悪影響・予防策

歯磨きをする赤ちゃんと乳歯

乳歯は全部で20本ある子供の歯です。食べ物を噛んだり顔の形を整えたりと、乳歯は子供の成長期において非常に重要な役割を担っています。

生え変わりの時期を迎えると、乳歯は永久歯へと生え変わります。そのため、「乳歯が虫歯になっても、いずれ生え変わるのだから放置していても問題ないのでは?」と考える方も少なくありません。
しかし、乳歯の虫歯はその後に生えてくる永久歯に大きな悪影響を与えます。子供の歯の健康を守るためには、乳歯の時点で虫歯予防を徹底することがとても重要なのです。
ここでは、乳歯の虫歯について詳しく解説していきます。

乳歯が虫歯になりやすく重症化しやすい理由って?

実は、乳歯は永久歯と比べて非常に虫歯になりやすい歯です。その上、虫歯になると症状が進行しやすいという特徴があります。その理由は乳歯と永久歯の構造や歯質の違いにあります。

乳歯と永久歯はエナメル質、象牙質、歯髄、歯根膜などの組織で構成されています。それぞれを構成している組織にこそ大きな違いはありませんが、永久歯と比べると乳歯は酸に弱くやわらかいため、虫歯になりやすい傾向にあります。

また、乳歯はエナメル質と象牙質の厚さが永久歯の約1/2しかありません。そのため、一度虫歯を発症すると神経や血管を含む歯髄にまで容易に達しやすく、重症化しやすいのです。

乳歯が虫歯になるとどうなる?

「いずれ永久歯に生え変わるのだから、乳歯が虫歯になったとしても特に問題はない」という考え方はとても危険です。乳歯の虫歯は、以下のようなさまざまな悪影響を及ぼします。

その1永久歯が虫歯のまま生えてくる

乳歯が歯の根にまで及ぶ重症の虫歯となってしまった場合、乳歯の虫歯の病巣がその下に控えている永久歯の歯質にまで悪影響を及ぼす恐れがあります。中には永久歯が虫歯になった状態で生えてくることも少なくありません。

その2永久歯の歯並びが悪くなる

乳歯は、後に続く永久歯が正しい位置に生えるための道標でもあります。そのため、虫歯になって早期に乳歯を失うと、先に生えた永久歯が移動して、その部分に生えてくる永久歯の生えるスペースがなくなり、歯並びが悪くなってしまうことがあります。

その3噛む力が衰える

乳歯が虫歯になって早期に歯を失うと、顎が十分に発達せず、噛む力が衰えてしまいます。そのため、噛む力が弱いために、硬い食べ物を避けて軟らかいものばかりを食べるようになるなど、偏食や栄養バランスの崩れといった歯以外のトラブルにつながる可能性もあります。

乳歯の虫歯を予防するには?

発症しやすく進行しやすい、そんな乳歯の虫歯を予防するには、以下のような対策方法が効果的です。

その1ブラッシングを徹底する

虫歯の原因は歯垢(プラーク)です。歯垢内に生息する虫歯菌が酸を出して歯の表面を溶かしていくのです。乳歯の虫歯を予防するには、まずはブラッシングによるプラークコントロールの徹底が第一となります。

子供の年齢がまだ小さく、一人で歯磨きするのが難しい場合は、お母さんやお父さんの仕上げ磨きで優しく汚れを落としてあげてください。
また、子供が自分で歯磨きができる年齢になったら、かかりつけの歯科医院でブラッシング指導を受け、正しい歯磨きの方法を身に着けさせましょう。

その2フッ素を活用する

コーティングされた歯

フッ素には歯の質を強くし、虫歯の発生や進行を防ぐ働きがあります。歯質が未成熟な乳歯には、歯科医院でフッ素塗布を受けることや、日常的にフッ素配合の歯磨き粉を使用するのが効果的です。
なお、フッ素を過剰に体内へ取り込むと、フッ素の中毒症を引き起こす恐れがあります。フッ素入りの歯磨き粉を使用する際には、必ず適正量を守ってブラッシングを行うようにしてください。

その3シーラント治療を受ける

磨き残しの多い奥歯の溝は、虫歯が発生しやすい場所です。シーラントは、フッ素を含んだシーラント材と呼ばれる樹脂をこの溝に充填することで、虫歯から歯を守る治療法です。4年以上で約6割の虫歯予防効果が認められるなど、シーラントの有効性はさまざまな調査により報告されており、フッ素を併用することでさらにその効果は増すとされています。

ただし、シーラントは必ずしも行わなければならない治療ではありません。まずは歯科医院で虫歯のリスクをチェックしてもらい、その上で治療を検討するとよいでしょう。
また、シーラントは充填したあとに割れることもあるため、治療後も歯科医院でのチェックが必要です。

その4間食を控える

不規則で頻繁な間食は口腔内を酸性状態、つまり虫歯になりやすい状態を作ります。特に、砂糖(スクロース)を多く含む甘いジュースやお菓子類は虫歯の原因となりますので、なるべく摂取を控えることをおすすめします。
また、キシリトールやエリスリトールなど、低う蝕原性の代用甘味料が使用された食品を活用するのも効果的です。特にキシリトールガムは虫歯予防に有効ですので、虫歯対策に取り入れるとよいでしょう。

※キシリトールの効果については、「キシリトールの効果 - 虫歯予防につながるガムの選び方は?」のページをご覧ください。

この記事に関連する記事