食後と朝の効果的な歯磨きのタイミングとは?

「食べたら歯を磨く」ということは大切なことですが、食べた直後なのか、食べて少し時間がたってからなのか、食後の歯磨きのタイミングについて、ネットなどで話題になっていることが多いようです。
歯磨きを、より効果的にするためのタイミングについて詳しく解説していきます。

食後の歯磨きのタイミング

歯磨きしている女性

食後の歯磨きのタイミングについては、さまざまな議論がなされていて、『食後30分たってから磨くと良い』という意見もあります。
しかし、仕事などで30分後に歯磨きをできないという人、30分したら忘れてしまう人、食べてすぐ歯磨きしないとスッキリしないという人もいると思います。どのタイミングで歯磨きをしたら良いのか、困惑している方が多いのではないでしょうか。

「食後30分たってから歯磨きすべき」の理由

食後は口の中が酸性に傾き、歯が溶かされてしまいます。歯が溶かされることを「脱灰」と呼びますが、修復されずに脱灰の状態が続くと、歯に穴があいてしまいます。これが、虫歯ができるメカニズムです。
しかし、唾液には、酸性に傾いた口の中を中和する働き(緩衝作用)や脱灰が起きた歯を修復する働き(再石灰化促進作用)などがあり、虫歯ができるのを唾液が防いでくれます。

食後30分以内に歯磨きをするということは、口の中が酸性に傾いた状態であり、歯の表面が溶けやすい状態になっているため、この時に歯磨きをしてしまうと歯の表面のエナメル質を傷つける可能性があるということが一つの理由です。
また、唾液による再石灰化されるのを歯磨きで阻害してしまう、とも考えられています。
この二つの理由から、30分経過して口の中が中和し、再石灰化が進んでから歯磨きをすべきだと考えられているのです。

食後30分たつ前に歯磨きをするのは良くないのか

小児歯科学会では、食後はすぐに歯磨きをして、脱灰を引き起こす細菌やプラーク、口の中の汚れを取り除き、脱灰が起こるのを防ぐことが大切だと発表しています。

食後30分以内の歯磨きが、歯を傷つけるという説は、アメリカで発表されたものですが、歯の質が日本人とアメリカ人とでは異なるということ、唾液の質はその人によって異なることなどを考慮すると、必ずしも食後30分以内に歯磨きをしてはいけないということにはならないと言われています。

もちろん、酸の強い食品を摂取した場合には、食事の直後に磨かない方が賢明かもしれませんが、決して全てのケースで30分以内に歯磨きをしてはいけないということにはならないでしょう。
仕事などで食後30分たってからの歯磨きが困難だという人、歯磨きを忘れてしまいそうな人などは、食後すぐに歯磨きをしても問題ないと言えるでしょう。歯磨きをしない方が問題と言えます。

ブラッシングの強さも意識して

歯磨きのタイミングが話題になっていますが、歯磨きの仕方も大切です。力を入れてゴシゴシ磨いている人は、歯を傷つけやすいです。
どうしても力が入ってしまうという人は、歯ブラシの選び方で工夫するという方法もあります。ブラシの毛がやわらかめのものを使用することで、歯にかかる負担を軽減することができるでしょう。

朝の歯磨きのタイミング

歯ブラシとカップ

朝の歯磨きのタイミングも気になっている方が多いようです。朝起きた直後に歯磨きをするべきなのか、朝食後に歯磨きするべきなのか、迷ったことはないでしょうか。

朝食後に歯磨きをしなければ気持ちが悪いという人は、起床時にうがいだけを行って、朝食後に歯磨きをするという方法も良いでしょう。歯周病のある人には、朝起きた時に口がネバネバして、すぐに歯磨きをしたくなる人もいるかもしれませんが、この場合には起床時に歯磨きを行い、朝食後は軽く磨くというのも良いでしょう。

朝の歯磨きを起床時に行うのか、朝食後に行うのか、というのはそれほど違いがないと言って良いです。適切なタイミングは、病気の有無など口の中の状態によって異なる場合もありますから、気になる場合には歯磨き指導などで相談すると良いです。

朝の口の中は細菌が増えている

眠っている間は、唾液の分泌量が減少します。そのため、眠っている間に口の中で細菌が繁殖してしまいます。朝起きた時が特に細菌が口の中に多い状態とも言えますから、起床時にうがいだけでも行っておくと良いでしょう。

眠っている間に口の中の細菌が繁殖するのを防ぐには、夜寝る前の歯磨きをしっかり行うことが大切です。夜の歯磨きをしっかり行って口の中の細菌を減らしておけば、就寝中の繁殖を防げます。

正しい歯磨きの方法を再確認することも大切です

歯磨きの指導をしている歯科衛生士

歯磨きのタイミングは気になるところかもしれません。しかし、それだけでなく、正しく磨けているかを確認することも大切でしょう。
多くの歯科医院では、歯磨き指導を行っています。子供だけでなく大人も多く指導を受けていて、ブラッシングの方法を再確認しています。

歯磨きのタイミングは、目的・口の中の状態・ライフスタイルなどによって異なる場合もありますし、個人差もあるでしょう。自分にとって適した歯磨きのタイミングについても、歯磨き指導で相談することができるでしょう。
また、なかなか歯科を受診しない人も少なくありませんが、隠れている病気の発見にもつながります。予防のために歯科を受診することをおすすめします。

この記事に関連する記事