オールセラミックの費用・寿命・デメリット・他素材との比較

被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)の素材には、金属やプラスチック、セラミック、ジルコニアなどがあり、素材の特徴や使用部位に合ったものを選択することが必要になります。その中でも、特に前歯などの審美性が求められる部位に多く使用されているのがオールセラミッククラウンであり、天然の歯のような審美性を取り戻すことが可能です。

オールセラミックとは?

オールセラミックとは、全てセラミックで作られた詰め物・被せ物により治療を行うことを言います。
セラミックを使用した素材には、メタルボンドやハイブリッドセラミックなどもありますが、メタルボンドにはセラミックのほか金属が、ハイブリッドセラミックにはセラミックとプラスチックが使用されています。
オールセラミックは、その名の通り他の素材を含まず、全てセラミックでできた補綴物になるため、審美性に優れているのです。

セラミックのメリット・デメリット

セラミックには次のような特徴があります。

メリット

  • 透明感があり審美性が高い
  • 変色・着色などがほとんど起こらない
  • プラークなどの汚れが付着しにくい
  • 金属とは異なり歯肉の着色などが起こらない

デメリット

  • 割れ・欠けが起こりやすい
  • 金属を用いた場合に比べて歯を削る量が多くなりやすい
  • 保険が適用とならないため料金が高くなりやすい

オールセラミックと他素材の比較

セラミックは、他素材に比べて最も審美性が高いのですが、審美性だけで選ぶことは失敗につながります。治療部位や噛む力などを考慮して、適した素材を選択することが必要です。
さまざまな素材と比較して、自分の場合はどの素材が適しているのか、医師と十分に相談して決めることが望ましいでしょう。

オールセラミックとメタルボンドの違い

メタルボンドは、内側が金属でできていて、外側の見える部分にセラミックが用いられています。金属が使用されているので、強度が高いというメリットはありますが、時間が経過すると金属が溶け出して歯肉に着色が起こる場合があります。
また、時間が経過して歯肉が痩せた場合に、歯茎と歯の隙間から土台の金属が黒く見えてしまうことがあります。

オールセラミックは、メタルボンドに比べて強度は劣りますが、金属が使用されることによって起こるデメリットを防ぐことができます。また、金属が使用されていないので、メタルボンドよりも透明度が高いです。

オールセラミックとハイブリッドセラミックの違い

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとプラスチックの成分を混ぜて作られています。オールセラミックまでの審美性はありませんが、保険が適用になる場合もあり、安く審美性の高い補綴物を入れられる場合もあります。

しかし、ハイブリッドセラミックは時間が経過すると変色しやすい特徴があります。また、歯を大きく削って治療する場合には、保険治療では内側に金属を用いるため、歯肉の着色などが起こる場合もあります。

オールセラミックとジルコニアの違い

ジルコニアはセラミックの一種です。セラミックの中で最も硬いので、オールセラミックよりも欠けにくいというメリットがあります。従来は強度が求められる場合に、金属を用いるほかありませんでしたが、ジルコニアの登場によって強度と審美性を兼ね備えた補綴治療が可能になりました。

オールセラミックと比較すると、やはりジルコニアの方が審美性は劣ります。しかし、オールセラミックの欠けやすいという欠点を克服できる素材がジルコニアです。オールセラミックが適さない、奥歯やブリッジなど、強度が求められる治療に適しているでしょう。
また、費用的には(医院によって違いがありますが)、オールセラミックよりもジルコニアの方が値段は若干高い場合が多いです。

オールセラミックの料金は?

オールセラミックを用いた治療は、保険が適用となりません。自由診療であるため、歯科医院によって値段が違っています。
治療部位によっても異なりますが、オールセラミッククラウンの価格は7万円~17万円くらいだと言えるでしょう。(奥歯よりも前歯の方が、費用が高くなる場合が多いです。)価格の幅が大きいですが、金額だけでなく治療後の保証なども考慮して、治療する医院を費用だけで決めないことが大切です。

オールセラミックによる治療は医療費控除の対象?

オールセラミックのクラウン・インレーは、医療費控除の対象となります。確定申告を行うことによって、還付金を受けることができます。
受けられる還付金の金額は、所得によって異なりますが、治療で支払った料金の一部が戻ってきます。

オールセラミックの寿命は?

オールセラミックは割れやすい・欠けやすいというデメリットがありますが、実際のところ5年生存率は95%を超えていますので、寿命の長い治療方法と言って良いと思います。
しかし、歯ぎしり・食いしばりがある、噛み合わせが合っていないといった場合には、割れ・欠けの原因になります。また、強い衝撃などがあった場合にも、割れたりする可能性があるでしょう。

噛み合わせの調整を正しく行える医師のもとで治療を受けることが大切ですが、噛み合わせは変化しますので、定期的にメンテナンスを受けて、噛み合わせのチェックを受けることが大切です。
また、オールセラミックの保証は医院によって違いますので、事前に医院の保証内容や条件についても確認しておくと安心でしょう

この記事に関連する記事